地黒さんでも肌を白くする方法。目指せ色白美人

地黒さんでも肌を白くする方法。目指せ色白美人

2017.09.29 /

NADECICA編集部
NADECICA編集部

健康的なイメージの地黒さんですが、色白さんのような肌になりたいと思うこともありますね。地黒さんでも肌を白くすることができます。この記事では地黒さんのもつ魅力と肌のケア方法、さらにおすすめの美白方法を書いてみたいと思います。

地黒さんと色白さんの違い

両親からの遺伝的な要素が大きい

地黒さんと色白さんの違いは、両親から受けついだ体質、遺伝的な要素が大きいといえます。どちらか片方または両親とも地黒さんだと、遺伝的に地黒さんになります。

もともと受け継いだ体質・遺伝は変えることができませんが、もとの肌の色まで白くすることはできまます。また地黒さんに多いメラニン色素は良くないものに思われがちですが、本当はとても大切な働きもしています。なので、地黒さんの肌はとても良い肌なのです。

なお、体質は遺伝によるものが多く、ワキガについても遺伝によるものが多いです。以下の記事ではワキガの原因やおすすめの塗り薬について詳しく解説しています。

育った環境の違いもある

太陽の光をたくさん浴びる生活をしていると、メラニン色素が増えます。メラニンとは肌や髪の毛などの色に関係する色素なので大切なものですが、シミの原因にもなります。

子どものころから日照時間が長い環境にいると、肌の内側にシミのもとがたまっていきます。たまったシミのもとが、大人になって出てくるということもあります。逆に日照時間が短い場所で生活をしていると、メラニンが生成されづらいので色白になります。

シミやそばかすのできやすさに違いがある

メラニン色素には、紫外線から肌を守るという重要な役割があります。メラニンによって、肌の内がわまで紫外線のダメージを受けないようにしてくれます。

色黒さんは生まれつきメラニン色素が多い体質です。紫外線から守る力があるので、紫外線を浴びてもシミやシワにはなりにくい肌です。ただ、日焼けですぐに黒くなってしまうので、美白を目指すためには紫外線対策をしましょう。

紫外線対策でおすすめなのは簡単に行えるサングラスです。以下の記事ではサングラスの効果やおすすめの紫外線サングラスについて詳しく解説しています。

肌老化のスピードに差がある

色黒さんのDNAは、傷を修復する力が強いといわれています。これは、紫外線の影響でおこるシミやシワ、たるみになりにくいということです。色白さんに比べると、これらの肌老化のスピードは遅いのです。

 

おすすめの美白化粧水

富士フィルム アスタリフトホワイト

 

高い美白効果の上に保湿も期待できる優れものです。美白有効成分としてアルプチンやアスタキサンチンが配合されています。しっとりしているのにべたべたしない着け心地。シミになる前のシミ元に届くよう考えられた化粧水として評価の高いものです。

2018年7月現在、お肌の土台作りから美白ケアまでができる「アスタリフトホワイト」シリーズがお得に試せるセットがあります。

先行美容液、美白化粧水、美白美容液、美白クリーム、UV美容液のセット(5日分)が1,000円(税別)なので、ぜひ試してみてください。

アンプルールラグジュアリーホワイト ーション

世界で初めて化粧品に配合されたアンプール独自の「新安定型ハイドロキノン」が美白効果が高いようです。プラセンタも配合されているので、保湿効果もあります。皮膚科のドクターが開発したもので口コミで評価の高い美白化粧水です。一緒に使うと効果が高まる美容液のなどのセットになったトライアルキットがあるので気軽に試せます。

ビーグレン QuSomeホワイトローション

ビーグレンは上質な素材にこだわり薬学博士が開発したものです。独自の方法で有効成分を角層部分まで浸透させることができる技術がキューソムです。この技術により肌の本来の力をよみがえらせます。

2018年7月現在、洗顔料、化粧水、美容液、クリームのトライアルケアセット(7日分)が1,800円でお試しいただけます。

サエル ホワイトニングローションクリアリスト


5種類の必須アミノ酸を複合化した「アミノコンプレックス」を配合している化粧水です。浸透性の高い化粧品なので、つけた瞬間に肌に染み渡る感じです。べたつかずさらっとした着け心地が人気のようです。

ノブ ACアクティブ フェイスローション

有効成分サリチル酸が配合されているのでニキビケアができる化粧水です。さらに保湿力の高いリピジュアが配合されているので、大人ニキビケアにも有効です。ビタミンもたっぷり入っているので、美白ケアにも役立ちます。

無印良品 敏感肌用薬用美白化粧水


岩手県釜石の天然水を使用した敏感肌のための化粧水です。天然うるおい成分のアンズ果汁、グレープフルーツエキスなどが配合されています。無香料、無着色、パラベンフリーなので安心してたっぷり使用できます。

色黒さんがどこまで白くなれるか

肌本来の色以上には白くなれない

生まれつき親から受け継いだメラニン量というものは変えることができませんから、もともとの肌以上に白くするのは難しいといえます。

お腹の色やおしりの色が本来の肌色

太陽に当たっていない部分の肌の色を確かめると、自分の本来の肌の色を見つけることができます。日に当たっていない、おなかやおしりの色です。その本来の色まで白さを取り戻すことが出来ます。

正しいクレンジング

色黒さんがする美白対策

古い角質を取り除く

肌本来の白さを取り戻すために必要なのは、古い角質を取り除くことです。たまってしまった古い角質を取り除いてあげると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが促進されます。ターンオーバーは正常であれば28日周期で行われます。

ですが、日々の生活のストレスや、乾燥、代謝の悪化によってこれが乱れてしまうと、肌トラブルの原因になります。定期的に角質を取り除くことによって、肌の新陳代謝が活発になり、良いサイクルが生まれます。そうすると肌本来の白さに近づくことができます。

適度なピーリング

角質を取り除くために適度なピーリングがおすすめです。ピーリングをやりすぎても逆に肌を痛めてしまうので、1~2週間に一回程度のピーリングがベストです。刺激の少ないピーリング剤も市販されています。自分にあったものを試してみましょう。

もしピーリングをした後に、肌荒れが起きてしまったらすぐにやめてください。いくつかの原因が考えられます。使用したピーリング剤があわなかった、強くやりすぎて肌が負けてしまった、保湿ケアが足りなかったなどです。

もしピーリングをした後に肌荒れが起きてしまったら、保湿ケアをこころがけ肌を整えることが先決です。調子が良くなったら、原因を考慮しつつまたトライしてみるのも良いかもしれません。

ここで解説しているように正しい頻度で自分にあったピーリング剤を使わないとピーリングは逆に肌を痛めることに繋がります。以下の記事で正しいピーリング剤の使い方について詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

酵素洗顔

酵素洗顔も古い角質を溜まりにくくしてくれるので効果的です。肌は約28日周期で生まれ変わります。あせらずコツコツと良い習慣を続けるのが美白の近道といえます。

ホルモンバランスを整える

なるべく早く元の白い肌にするためには、ホルモンバランスを整えることも重要です。そのためには適度な睡眠をとって体調管理をしっかりと行います。

寝不足になると、肌の調子も体調も少なからず影響を受けます。忙しくても、しっかりと深い睡眠をとれるようにしましょう。

せっかく睡眠をとるなら、ゴールデンタイムと言われている22時から夜中の2時の間に深い睡眠になるようにすると肌の回復力がさらにアップします。この時間帯に最も多くの成長ホルモンが分泌され、肌を修復したり、再生してくれます。

さらに、成長ホルモンには血行を良くして肌の老廃物を流したりする働きもあります。シミなどを防止して美肌を保つためにも質の良い睡眠を心がけましょう。

気持ちよく睡眠に入るために、なるべく寝る1時間前にはテレビやスマホの光を浴びないようにしましょう。せっかく早くベッドに入っても交感神経が働いてしまい、うまく寝付けないことがストレスになってしまうことも。質の良い睡眠のためにも、入眠前にはリラックスできる環境を整えましょう。

運動で血行を良くして毒素排出

適度な運動は血行を良くします。血行が良くなると、体内の毒素が排出されやすくなります。特に有酸素運動は、血液中に酸素を多く取り込むので、体内の隅々まで酸素と血液を循環させてくれます。汗をかくことで、血液中にあった毒素や老廃物も押し出されます。

血行が良くなると新陳代謝も上がり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも促進されます。ターンオーバーが活発になることで、皮膚表面の古くなった角質もはがれやすくなります。日焼けによるシミやくすみも消えやすくなるので、肌本来の白さを取り戻すことができます。

入浴で体を温めストレス解消

入浴で体を温めるのも効果的です。ストレスをたくさん受けると、それだけで人は体内でメラニンを生成してしまいます。せっかく紫外線対策をしても、ストレスをためていては努力が無駄になってしまいます。ぜひゆったりとリラックスできる入浴タイムを楽しみましょう。

入浴タイムにいろいろな入浴剤を試すのも効果的です。おすすめは、ぬか袋や酒かすです。どちらも美白に効果があります。ガーゼに包んで浮かせるだけなので、簡単にでき、掃除も楽ちんです。

紫外線対策グッズを有効活用

肌を白くするためには、もちろん紫外線対策も欠かせません。地黒さんはもともとメラニンの生成が盛んなので、紫外線をたくさん浴びてしまうとシミの原因になってしまいます。

日傘や帽子、サングラスなどうまく活用したり、日焼け止めをこまめに塗ったり、自分にあった日焼け対策を日差しの強い季節に限らず一年中習慣するのがポイントです。

美白効果のある化粧品を選んで使う

毎日のように使う化粧品なので、美白効果の高いものを選びましょう。美白成分である、ビタミンC誘導体やプラセンタ、ハイドロキシンなどが入っている化粧品がおすすめです。

食生活を変えて美白対策

肌の材料となるのは水とたんぱく質

肌の材料となっているのは、約6割が水分で約3割がたんぱく質です。そうすると、食事で良質のたんぱく質と水を摂るのがいかに大切かが分かります。水分は一日に2L以上とることを意識しましょう。

水分と言ってもジュースやコーヒーではなく、水か白湯がベストです。ジュースはたくさん飲むと糖分を取り過ぎてしまいますし、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。適度な温度の白湯は、冷えの解消や老廃物の排泄に役立ちます。その他に適量の植物性プロテイン飲むと、肌の潤いや美白効果を実感できます。

食品としては卵や鶏むね肉から、良質のたんぱく質を摂るよう心がけ、たくさんの野菜からビタミンを補給すると体の中から美白対策になります。

朝に食べるフルーツに注意する

肌のためにビタミンは大切です。ビタミンには抗酸化作用があるので、美肌を目指すためには積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンが含まれる代表的な食べ物として、フルーツが挙げられます。

しかし、フルーツの中には、朝食べるのを避けたほうがいいものがあります。ソラレンを含むものを食べて紫外線にあたると紫外線をより吸収しやすくしてしまうからです。ソラレンが多く含まれているのはレモン、オレンジ、グレープフルーツの柑橘類やキウイなどです。野菜でもキュウリやニンジン、パセリ、シソ、セロリなどに含まれています。

ビタミンCを摂るときはEとAを一緒に摂る

栄養素は、一緒に摂るものによってより効果を高められます。例えばビタミンCの場合はEとAを一緒に摂ると相乗効果を期待できます。

注意したいのは、ビタミンCは熱に弱く水溶性ということです。逆にビタミンEとビタミンAは熱に強く脂溶性なので、油で炒めたりすると吸収が良くなります。

それで、ビタミンEとAの含まれる野菜は少量の油で加熱調理をして、後からビタミンCの食材を足すなどの工夫をすると、摂取量アップにつながります。

ビタミンCは美白効果が大きく、肌の潤いを保つ働きもあります。パプリカやレモン、モロヘイヤ、ブロッコリーなどに多く含まれます。

ビタミンEは、肌の老化を防ぐので積極的にとりたいものです。食材では、イワシやウナギ、アーモンドなどのナッツ類やアボガドなどです。

そしてビタミンAは古い角質を取り除く働きをしてくれる頼もしい味方です。こちらもウナギ、レバー、摂りやすいものとしてはニンジンや卵などです。

相乗効果を高めるために3つの栄養素の取れるメニューを積極的に取り入ることが大切です。

内側からケアできる美白効果のあるサプリを飲む

 

ホワイトヴェール

太陽に負けないサプリとして注目されています。日本での製造にこだわっているのも安心できます。ビタミン やミネラル成分鉄分も入っていて一日に一回飲むだけなので、簡単に続けられそうです。体の内側から日焼け止め効果を期待できるうれしいサプリです。

インナーパラソル16200forUV

0

こちらもニュートロックスサンやビタミンさらにはコプリーノといった日焼け止めに有効な成分がタップリ配合されています。まさに体の内側から紫外線予防のパラソルをさしたかのようにお肌を守る強い味方です。

ニュートロックスサンというのは、シトラスとローズマリーから抽出したポリフェノールです。コプリーノは、キノコで強い抗酸化力があります。有効成分の相乗効果で肌を守ってくれます。

 

ホワイタス


こちらも人気のサプリで芸能人やモデルも多数愛用しています。口コミ数が多く高評価です。美容に欠かせない11種類ものビタミンを配合しています。さらには100種類以上のフルーツやハーブの組み合わせを研究して注目を浴びている「ニュートロックサン」も配合されています。

紫外線対策をしっかり行うことが重要

日焼け止めを毎日塗る

小さな努力も積み重ねると大きな成果につながります。紫外線対策を毎日続けるのは、地道ですが美白・美肌の秘訣といえます。まずは日焼け止めを毎日塗りましょう。

曇っていても、室内にいても紫外線は入ってきます。雨の日でも晴れた日の3割程度の紫外線をあびることに。季節では、夏の日差しだけでなく春も紫外線は強いです。やはり一年を通して、毎日そしてこまめに日焼け止めを塗り直しするのがおすすめです。

外出の際は日傘やアームカバーを使う

外出の時に浴びてしまう紫外線は、降り注ぐものだけではなくて、照り返しにより浴びてしまうものも多いです。降り注ぐ紫外線には遮光効果のある日傘がおすすめ。しかしそれだけでは地面からの照り返しを受けてしまいます。アームカバーなども使用して、しっかりと対策を行いましょう。

目からも日焼けしてしまうことを忘れずに

肌を守るだけでは万全ではありません。目からも日焼けしてしまいます。紫外線の影響で角膜がダメージを受けると、防衛反応としてメラニン色素を生成するようになります。サングラスやUVカットのメガネ、コンタクトを使用しましょう。

サングラスは薄い色のものを選びます。色の濃いサンブラスをかけると、暗いので瞳孔をもっと開いて光をたくさん取り入れようとしてしまいます。どうしても色の濃いサングラスを使用したい時は、長い時間紫外線を浴びないように注意しましょう。

どのサングラスを選ぶにしても、しっかりと紫外線を透過させないレンズを選ぶのが大切です。紫外線透過率などの性能をよくチェックして選びましょう。

色黒さんがメイクの際に気をつけること

ファンデーションの色は首と肌の色の中間色

服の色で肌の色の見え方が違うことがあります。同じように使用するファンデーションによって肌の色を白くみせます。

自分にあったファンデーションの色は首と肌の色の中間色です。自分の肌より明るい色を選ぶと白浮きしてしまい、逆に老けて見えてしまうので要注意です。

化粧下地を使用する時には、ブルー系を選ぶと透明感のある仕上がりになります。

ツヤ感のあるファンデーションよりマットなものを選ぶ

ツヤ感のあるファンデーションを使ってしまうと、仕上がりがテカる感じになってしまいます。ツヤを重視するのではなく、マットなものを選んで陶器のような肌を目指しましょう。

ハイライトを上手につかって肌のトーンをあげる

ハイライトをうまく使用すると明るくきれいな仕上がりになります。地黒さんには使う量や範囲を調整しやすいパウダータイプがおすすめです。効果を出すために細かいパール系のものを軽めに使用して透明感ある感じにします。

ファンデーションのあとに、おでこや鼻筋そして頬にのせていきます。パウダーをつけたブラシで優しくつけます。ハイライトを入れたか分からないくらいにするのがポイントです。

 

色黒さんは生活を少し工夫するだけで肌本来の色まで白くできます

色黒さんはとても魅力的な肌の持ち主です。色黒さんの肌も生活を少し工夫するだけで本来の色まで白くなります。良く選んで使う化粧水や少し気をつかって食べる食事など毎日の小さな習慣の積み重ねが、色黒さんのたくさんのメリットを生かしつつ本来の白さを取り戻す近道といえます。

入浴タイムや食事の時間が自分でできる美白エステタイムに出来るならとても素敵なことです。地黒さんだからこそのメリットがたくさんあるので、そんな魅力を生かしつつさらに美白を楽しみましょう。

 

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル