化粧水でパサパサ髪を改善できる?頭皮ケアをしながら美髪になる方法

化粧水でパサパサ髪を改善できる?頭皮ケアをしながら美髪になる方法

2017.09.29 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

髪のパサつきが気になるけれど、肌の手入れだって大変なのに髪にまで手が回らない。改善に化粧水を使っても大丈夫?そんな疑問を解消し、頭皮ケアにもなる化粧水を選びたい方へ。忙しくてもアイテムを増やさず効率よく美髪作りをしていきましょう。

余った化粧水を髪にも

髪に塗布してパサパサ髪から脱出

パサパサ髪を改善するには、化粧水を髪に塗布する方法があります。化粧水は肌に付けるイメージですが、水分とセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているため、髪へも潤いを届けてくれるのです。

見た目は乾いている髪ですが、内部には水分が含まれ一定に保たれています。しかし内外からのダメージにより水分の保持力が低下しパサつく原因に。化粧水を利用して艶と潤いのある髪を取り戻しましょう。

体にも塗布し全身まるごと保湿

顔や髪だけでなく、体にも乾燥対策として使えるのが化粧水です。肌は、外的環境、不規則な生活習慣などにより血液の循環が悪くなりさまざまな影響を与えます。乾燥がその一つです。

頭皮からかかとまで皮膚全体が水分不足で乾燥する場合もありますので、保湿ケアは常に行いましょう。化粧水で全身を保湿することは、アイテムを増やさず水分補給し潤いを与えることになります。

髪がパサつく原因

カラーやパーマを頻繁に行っている場合

髪にダメージを与える原因には、カラーやパーマで使用するアルカリ剤の影響もあります。毛髪はアルカリに弱いため、キューティクルが溶けてしまい毛髪自体が細くなるといわれています。頻繁に行うことで内部の水分も奪われてしまうのです。

キューティクルを傷めないようにするためにも、カラーやパーマを行う際は注意することが必要です。パサつきがひどいなと感じるときはなるべく控え、トリートメントなどで髪の保湿ケアをしましょう。

女性ホルモンの低下が原因のことも

ストレスにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことも原因の一つです。ホルモンが低下すると、血流不足になり髪へも充分な栄養が行き渡らなくなります。その結果、髪にハリや艶がなくなったりパサつくだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にも。

肌もターンオーバーが乱れ、保湿機能、バリア機能が低下し肌荒れやニキビの原因になります。頭皮も肌の一部ですので、水分不足により乾燥し硬くなるなど影響が出ます。

また、仕事やプライベートで日々忙しい女性にとって、日常生活において気づかずにストレスがかかっていることがあります。ホルモンのバランスを整えるためには、ストレスを貯めないように注意しましょう。

無理なダイエットによる栄養不足

過度の食事制限をすると、体を作る栄養素が不足するために髪にもさまざまなダメージを与えます。毛髪は、ケラチンと呼ばれているたんぱく質の一つでできていますが、髪に必要なたんぱく質が不足すると内部にある水分保持機能も低下しパサつきの原因になるのです。

また、肌のバリア機能や保湿機能も低下してしまい、肌が乾燥すると同時に頭皮も乾燥し髪も水分不足に。無理なダイエットは、体調を崩すだけでなく髪の潤いも奪ってしまいます。

パサつく髪に必要なこと

ビタミンB6やたんぱく質を十分に与える

潤いと艶のある髪になるためには、毎日の食事から摂る栄養素が大切です。外側からの保湿ケアも必要ですが、内側から摂る栄養素でパサつき髪を解消しましょう。

特に美髪を作るために摂りたいのがメチオニン。アミノ酸の一種ですが、髪を作る成分ケラチンの材料にもなっています。卵、肉類、魚介類に多く含まれており、これらはたんぱく質も一緒に摂取できますので積極的に摂りたい食品です。

ビタミンB6は、ビタミンB2と共にたんぱく質を髪に生成するサポートをし、マグロ、サケ、肉類、バナナ、ナッツ類に含まれています。ビタミン類やたんぱく質は、髪にとって必要な栄養素ですので意識的に摂ることがパサつき髪解消へつながるのです。

保湿を与える事や頭皮マッサージをする

髪に水分を補給するため化粧水を使うことは、保湿効果を高めパサつき髪を改善します。シャンプーのし過ぎや、ドライヤーの熱でも髪は水分を失ってしまうため、保湿成分が入った化粧水ならば潤い不足を防ぎ、艶のある髪に。

また、頭皮が乾燥したり汚れで毛穴が詰まったりしていると、健康な髪が生えてきません。解消するには、頭皮をマッサージし血液循環を良くしましょう。ヘッドスパは、頭皮が柔らくなることで血行が良くなり、詰まった毛穴の汚れも落ちるため頭皮ケアとしてもおすすめです。

髪に化粧水を付ける効果

コラーゲンやヒアルロン酸がハリ艶ある髪へ

化粧水には、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿剤が配合されているものが多いですが、髪にも付けることで潤いを与えます。これら保湿剤と呼ばれているものは、肌を柔らかくし浸透力を高める作用もあるため、パサつき髪を改善しながらハリや艶のある美髪作りに効果的です。

コラーゲンは、肌や髪の表面に保護膜を作る働きがありダメージからも守ってくれます。ヒアルロン酸は、筋肉、軟骨、皮膚生成の主成分になっており、保湿作用だけでなく健康な頭皮や髪作りにも大切な成分です。化粧水を利用して保湿効果を高めていきましょう。

大容量の化粧水もムダなく使えて節約にも

髪や体にも使えるならば、大容量であればムダがなくお財布にもやさしいです。別のものを使いたいと思ったとき、化粧水がなかなか減らず余ってしまいそのままになることがありませんか?

一度開封してしまった化粧品は、保管状態によっては中身が変化してしまうこともあります。大容量でも最後まで使い切ることができれば、節約にもなるのです。全身にたっぷり塗布して乾燥を防ぎ、潤いをキープしましょう。

髪にも対応している化粧水は

1.ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水

保湿成分である天然植物成分ハトムギエキスを配合し、香料、オイルフリー、無着色と低刺激な化粧水。肌だけでなく髪、体にも使うことで全身保湿ケアできるのが特徴です。日焼け後ほてりのケアとしても使えます。

ベタつかずさっぱりした付け心地が髪にもなじみやすく、パサつく髪を改善しながら柔らかい頭皮と髪を作ります。大容量でたっぷり使えるのでコスパにもよいです。

ハトムギ化粧水の付け方

1.シャンプー後髪の水分を拭き取り、化粧水をたっぷり付ける

付ける際は、シャンプー後水分を適度に拭き取ってからたっぷり付けることです。水分が多い状態で付けさらにタオルドライをしてしまうと、化粧水まで一緒に拭き取られ保湿効果も半減してしまいます。

2.ドライヤーで乾かす

化粧水を付けた後は、水分を飛ばすように温風で乾かしましょう。自然乾燥のまま就寝してしまうと、キューティクルが摩擦によってはがれ、ダメージを与えてしまうからです。また、ドライヤーは10cm以上離し、髪と頭皮を傷めないようにします。

気になる化粧水の成分と特徴

ハリ艶を与える保湿成分やヒアルロン酸

髪に化粧水を付ける効果でも紹介したように、保湿剤が配合されているのが特徴の化粧水。特にヒアルロン酸はハリや艶を与える働きをしますが、少量でも保湿を感じることができ多量に配合されていないため、高価な成分といわれています。

浸透が良く、肌、髪を洗っても成分が残りやすい種類のものあることから、他の保湿成分と比べても保水力が高いです。肌と同様に、髪の保湿にも取り入れたい成分になっています。また、保湿作用以外にも水分蒸発防止、皮膚の保護の働きもあります。

髪に使えるものは無添加が多い

化粧品には、品質を維持や向上のために防腐剤、保存料、香料を含んでいますが、無添加のものも多く髪にも使えやさしいです。添加物が配合されていると、肌が敏感な人や体質的に合わない人が使った場合、ピリピリしたり赤くなったりと刺激が強く感じることも。

添加物不使用ならば、負担も少なく頭皮や髪にも低刺激で使えます。安心して使える化粧水でパサつきを改善し、潤いのある健康な髪を取り戻しましょう。

美髪になる為のおすすめ頭皮ケア化粧水6つ

ムーンソープ クインタプルウォーター ルビー

清酒で抽出された植物エキスを海洋深層水に配合した化粧水です。植物由来のグリセリン、ヒアルロン酸など保湿力が高い成分や美容成分を含んだ天然素材100%で合成化学成分不使用。化粧水だけでなく、美容液、日焼け予防と多機能ケアをしてくれます。

頭皮ケアとしては、毛細血管と細胞組織を活発にしながら保湿を高めます。美肌と健康な頭皮を作るにはおすすめです。

シェルミラック スキンコンディショナー

防腐剤、着色剤、香料の無添加、ノンアルコールで肌にもやさしい自然素材100%のローションです。低刺激なことから、ニキビやかゆみの予防、改善などスキンケアとして敏感肌にも使えます。

さらっとしたテクスチャーで、頭皮に全体に美容成分が届けられ潤いを保持します。付けて手で揉み込みながらやさしくマッサージし、シャンプーで洗い流すと、頭皮ケアとして効果的です。

KANPOO ニッポンの手造りローション

天然植物の草根木皮を日本古来の伝統処方により煎じ、天然酒精と合わせ作られたローション。全成分が天然成分配合、フケ、かゆみを抑え健康な毛髪を保つ働きをします。洗顔後のスキンケアとして使えば、肌荒れ予防にもなります。

サラサラと軽く付け心地が軽いことから、肌への浸透もよいです。顔や体全部に使えうことで、水分補給をしながら一度に乾燥対策ができます。

アリミノ スプリナージュ シェイクオイル

マリンプラセンタ、アスタキサンチンなどの美容液成分配合、乾燥しがちな肌や髪に水分と栄養を補給します。界面活性剤フリー、パラベンフリーと合成化学成分や添加物不使用です。

洗顔後のお手入れや、入浴後の水分が不足している肌への保湿ケアに利用すると効果もアップします。また、洗い流さないトリートメントとして、パサついた髪や傷んだ毛先を改善、修復します。

アマナクラ スカルプケアローション

ミネラルが豊富に入ているスギナ、センブリ等髪と頭皮ケアに効果的な国産植物厳選配合。無農薬、有機栽培で作られた植物を使用しているのも特徴です。頭皮ストレス、ふけ、かゆみなどを抑えダメージを改善します。

ベタつかず使い心地がよく、さわやかな香りで頭皮と髪を包み込みます。パラベンフリーなどの添加物や石油由来成分不使用なため、低刺激で頭皮のマッサージローションとしておすすめです。

キュレル 頭皮保湿ローション

潤浸保湿セラミド機能成分ユーカリエキスの潤い成分が配合され、かさつき、かゆみ、フケに効果があるローションです。特に乾燥による頭皮のトラブルを改善しながら水分を保持し、健康な髪を作ります。

さらっとべたつかないテクスチャーが、頭皮になじみやすくなっています。アレルギーテスト済、無香料、無着色、アルコールフリーになっているので、低刺激で頭皮にもやさしく敏感肌の人にも使われています。

プチプラ髪用化粧水を2つ紹介

資生堂 肌水

100%天然水を使い、髪や頭皮に必要なミネラル成分が入ったミネラルウォーターです。保湿力が高く、乾燥が気になる部分全身に使えます。ノンアルコール、無着色、無香料、弱酸性になっており、敏感肌で刺激が気になる人にも使えます。

べたつきがないので使いやすく、パサつき髪を改善し艶にも効果的です。容量も多くたっぷり使ってケアができ、お求めやすいプチプラ化粧水です。

さくら 恋水ローズ

日本三大美人の湯の一つである榊原温泉を使用している温泉ミスト化粧水です。温泉水を利用することで、肌への浸透もよく潤いを奥まで届けます。ヒアルロン酸とハチミツ配合が、保湿と美容効果を高めています。

しっとりとしたテクスチャーが、乾燥をふせぎ硬くなった頭皮を柔らかくします。防腐剤、着色料、香料が不使用の完全無添加、アレルギーテスト済なことから、肌への負担がなく低刺激です。

髪に化粧水を付ける際のポイント

タオルドライした後に付ける

化粧水を効果的に付けるには、洗髪後タオルドライした後に付けましょう。毛髪に水分が多く含まれていると、保湿成分が髪や頭皮に行き渡りにくくなってしまう場合もあるからです。

タオルドライの際も、地肌の水分を拭き取り髪はタオルで軽く押さえるようにします。髪がこすりあってしまうと、その摩擦でキューティクルが傷みます。

ドライヤーで乾かす際も、水分の量によって髪がダメージを受けやすくトラブルの原因に。化粧水の保湿効果を高めるためにもタオルドライ後に付けることがポイントです。

手に取り揉み込むように付ける

キューティクルを傷めないために、手でやさしく揉み、髪へ化粧水が入りやすいように付けることが大切です。ミストタイプのものありますが、髪全体に成分を届け効果的にケアするには、できれば手を使って丁寧に直接髪へ付けてあげましょう。

摩擦と乾燥に弱いのが特徴のキューティクル。髪や頭皮の奥まで保湿成分を浸透させたいと、つい力を入れてしまうこともあるため、手で付ける場合も強い刺激を与えないように注意が必要です。

美髪を目指すためにできること

散歩や水泳で代謝アップと血行促進

健康で美しい髪を目指すには、必要な栄養素を摂り入れるだけでなく運動も必要です。特に有酸素運動と言われている全身の筋肉を使う運動は、血液の循環も良くなり代謝もアップします。

ランニング、ウォーキング、水泳などがあげられますが、血行が促進されることで肌、頭皮、髪を含め体全体にも効果があり健康維持にも有効です。散歩などは、すぐに始められ継続しやすい運動ではないでしょうか。健康な頭皮と潤う髪を作るために適度な有酸素運動を取り入れましょう。

体を冷さないようにする

血行不良の原因の一つである冷えも注意が必要です。体が冷えることで、血流不足になり血管が収縮し毛細血管への影響が出ます。頭皮にも毛細血管があり栄養が行きにくくなり健康な髪も作ることができません。

温度が低い環境で長時間過ごしたり、冷たいものを食べ過ぎたりしてしまう場合があります。体の冷えを予防するには、季節を問わず温かいものを食べ、室内も冷えすぎない温度に保つことです。

冷えは血液の巡りが悪くなることで、肌荒れ、くすみ、クマの原因にもなりますし、頭痛、肩や首のこりなど健康を損ねてしまいます。頭皮や髪への栄養不足でパサつき髪を作らないためにも、体を温め冷やさないようにしましょう。

髪と頭皮を紫外線から守る

髪は肌と同様、紫外線からのダメージに注意しましょう。キューティクルを作っている成分の一つであるたんぱく質が、紫外線を浴びることで影響を受け内部の細胞組織が壊れ、空洞状態に。髪だけでなく頭皮も水分不足になり抜け毛やパサつき髪の原因を作ってしまうのです。

肌に関してはしっかり紫外線対策を行っている人が多いですが、髪に関しては気にかけない人も多いのではないでしょうか。外出時は、日傘や帽子などを利用し直接髪や頭皮に紫外線が当たらないようにします。髪専用の対策スプレーなどで、予防することもダメージを防ぐ方法です。

洗髪後にトリートメントを付ける

水分を閉じ込め蒸発を防ぐためには、トリートメントを付けることも髪のパサつき改善になります。髪の内部にまで働きかける成分を配合し、水分、油分補給をするのがトリートメントです。コレステロール、セラミド3など艶や潤いを保持する成分が入っています。

洗髪後は、キューティクルが開いた状態になっているので、補修成分が入りやすく補修に効果的です。付ける際の注意点としては、頭皮を避けて髪全体に馴染むように付けましょう。さらに効果的にするには、時間をおいて髪に行き渡らせてから洗い流します。

髪のダメージ予防としては、洗い流さないオイルタイプが有効です。摩擦、紫外線、ドライヤーの熱によるダメージから髪を守ります。

化粧水の魅力で美髪を保ち快適ライフを送ろう

潤いと艶のある髪を保つには、髪と頭皮のケアが大切です。化粧水は、保湿成分が配合され美髪作りには効果的なアイテムであり、健康な髪を作る土台となる頭皮にも働きかけてくれます。

また、髪にも使用できる化粧水は、無添加なものも多く全身に使え水分補給や乾燥対策としても使えます。大容量のものを利用すれば、たっぷり使えるだけでなく節約にも。化粧水のよさを最大限に利用し、パサつきのない美髪で毎日を過ごしましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル