乾燥肌におすすめのリキッドファンデは?選び方と正しい塗り方を知る

乾燥肌におすすめのリキッドファンデは?選び方と正しい塗り方を知る

2017.09.27 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

スキンケアによる保湿だけでは、肌を乾燥から守れない。そんな悩みに、乾燥肌を助けてくれるファンデーションをおすすめします。きちんと選び、正しい塗り方を実践すれば、リキッド以外の選択肢も意外に豊富。メイクで毎日、潤い肌を作りましょう。

乾燥肌に合うファンデーションの選び方

保湿性が高いリキッドタイプがおすすめ

乾燥肌には、パウダーよりも、リキッドやクリームなどの液状タイプのファンデーションがおすすめです。パウダー状の化粧品は肌の水分を吸収する性質があるので、しっかり保湿ケアしていたとしても、日中に渇きを感じやすくなります。夕方に皮脂のベタつきを感じるなら、肌が乾燥しているサインです。

リキッドに比べると、クリームタイプのほうが密着性が高いです。肌質に合わせて選びましょう。

使いやすいクッションファンデーションやBBクリームも合う

これまでのリキッドとは違う、クッションファンデーション。スポンジにリキッド状のファンデーションが染み込ませてあって、専用のスポンジで適量とり、肌に乗せていくものです。乾燥肌や敏感肌でも使いやすいファンデです。UV対策できるものが多く、下地不要で、これひとつでベースメイクが完成します。

また、オールインワンのファンデとして定番のBBクリームもおすすめ。濃度がありカバー力が高いのが魅力です。保湿クリームやパウダーの下地としても使用可。

どちらも、時短メイクなのに乾燥対策できるのがメリット。従来のリキッドに満足できないなら、試してみる価値ありです。

添加物の少ないパウダータイプはスキンケアで保湿を

肌への優しさでいえば、リキッドに比べると添加物の少ないパウダーファンデーションのほうが上です。液状タイプに含まれる油分が入っていないミネラルパウダーファンデーションなら、さらにストレスフリーな使い心地。また、パウダーの軽い使い心地はクレンジングが軽くで済むため、メイクを落とす際の肌ダメージを最小限に抑えることもできます。

しかし、肌の水分が吸収されてしまいやすいのもパウダーの特徴。肌への負担を考えてパウダーを選ぶなら、保湿をしっかり丁寧に行いましょう。乾燥肌だからパウダーはやめておく、というのも残念な話です。事前のスキンケアをきちんとやると、仕上がりやメイク持ちが変わってくる、ということを覚えておいてください。

乾燥肌に優しいおすすめのリキッドファンデ

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

光を反射する2種類のパウダーで、肌に「光のヴェール」を与える美容液ファンデーション。大人特有の乾燥による黄ぐすみを改善するエイジング効果も。スクワランやコラーゲンなど、68種類もの美容液成分を配合し、カプセル化された保湿成分がうるおいパック効果をもたらします。

近赤外線・紫外線・大気汚染物質ブロック作用で、肌を日中ダメージからしっかり保護。合成香料・石油系鉱物油・タール系色素無添加です。

エクスボーテ ビジョンファンデーション リキッド モイストタイプ

ツヤのある仕上がりになる、うるおい重視のリキッドファンデーションです。保湿成分としてスーパーヒアルロン酸や高純度スクワランなどを含み、皮膚コンディション成分にはトレハロースを採用しています。美容成分の割合は全体の52%。高いスキンケア効果でうるおいを長時間キープするから、メイク持ちも抜群です。

「1/30微粒子パウダー」が肌を均一に整えて毛穴や小ジワをカバーし、一方で光を透過させて透明感のある肌を作ります。SPF24 PA++で紫外線対策もOK。無香料、紫外線吸収剤無添加です。

エスト リキッドメイクアップ アクティブオーラ ホワイト

独自の密着膜「スキンシンクロフィルム」処方で光を反射し、艶肌を作るリキッドファンデーション。肌が動いてもしっかり密着して、艶やかな肌を演出します。ポンプ式で適量がわかり使いやすい。カミツレエキス・シラカバエキス(保湿成分)配合。SPF25・PA++、無香料です。

インテグレート リアルフィットリキッド

スチームケア後のような、艶やかな美肌に仕上がるリキッドファンデーションです。高美容保湿成分を配合したゼリーを細かく砕いてジェル化する「寒天クラッシュ技術」を採用。素肌をうるおい密封マスクすることで、うるおいとカバー力の両立を実現しました。

肌あれ防止イオンミネラルパウダーを配合し、肌に優しいのもうれしい。パラベンフリー、無香料、アレルギーテスト済み。さらに、ニキビのもとになりにくい処方です。SPF30・PA++。

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション

「メイクしながら、エイジングケア」をコンセプトに開発された美容液ファンデーション。高純度のミネラル配合、美容成分80%以上配合という、スキンケア発想のリキッドファンデです。

石油系界面活性剤・シリコン・紫外線吸収剤・鉱物油・タール色素・合成香料不使用。石鹸で落とせるほど肌に優しく、クレンジングは不要です。微粒子パウダーでナチュラルな艶美肌が実現します。SPF25PA++。

Dr.ウィラード・ウォーター ファンデーション

乾燥肌をケアするリキッドファンデーション。何も使えないほどの敏感肌や赤ちゃんの肌にも使える化粧水ウィラード・ウォーターを25%配合した、少量でもすーっと伸びるウォーターベースのファンデです。SPF20++ 、紫外線吸収剤不使用。

独自処方でカバー力と透明感を両立させ、肌本来の美しさを引き立てます。

実践してほしいリキッドファンデの塗り方

下地を塗る

リキッドでも下地は必須。ファンデーションを厚塗りにすると崩れやすくなるため、少しの量で仕上げられるよう、肌を整える化粧下地は重要です。ただし、下地も付けすぎるとメイクがヨレやすくなるので注意してください。

リキッドファンデを薄付きにするとカバー力が物足りないと感じる場合、コントロールカラーを下地に選んでみましょう。さまざまな色味が市販されていますが、くすみやシミ、赤み、色白で顔色が悪いなど、肌悩みに合ったカラーを使うことで、これらの難点をカバー。気になる箇所に、少しずつ塗っていくのがコツです。

下地を工夫すれば、ファンデが薄付きでもキレイな肌を作ることができるのです。

少量ずつ塗っていく

リキッドファンデーションでキレイに仕上げるコツは、塗る量と塗り方。

直接パフに一気に出すのではなく、適量を手の甲に乗せ、体温でなじみやすくしておきます。手の甲から少しずつ指先にとって、まずは額、鼻、両頬、顎といったポイントにファンデーションを乗せます。こうすることで、厚塗りを防げます。

塗り方は、顔の内側から外側へ、が基本。ポイントに乗せたファンデーションを、できるだけこすらないようにしながら、顔の中心から外側へ放射状に塗り広げていきます。

手やパフ、ブラシなど、ファンデの性質や箇所によってやりやすい方法で全体に伸ばしたら、最後はパフでトントンと叩き込み、肌に密着させましょう。

仕上げにルースパウダーでおさえる

リキッドファンデの仕上げには、ルースパウダーが活躍します。皮脂の分泌を抑えてさらさらを保ち、テカリ防止やヨレ防止になりメイク持ちもアップ。見た目が重くなりがちなリキッドの難点を、ふんわりカバーできるのもメリットです。

チークと混ぜて肌色を調整する、ハイライト効果を利用してくすみを軽減する、外部刺激から肌を保護するなど、使い方はさまざま。ぜひ取り入れてみてください。

ただ、付けすぎには要注意。下地とファンデでせっかく作った肌色が白くなるほどつけるのはNGです。パウダーをパフにとったら、顔に付けるまえに一度手の甲にポンと当てて、余分なパウダーを落としましょう。そして仕上がりは鏡から少し離れて遠目にチェック、がポイントです。

スキンケアを丁寧に

メイク前のスキンケアのやり方ひとつで、メイク持ちが違ってきます。とくに乾燥肌の場合は化粧ノリと化粧崩れに悩むことが多いので、心当たりがあるならスキンケアを一度見直してみましょう。

洗顔後、化粧水、乳液、クリーム、下地と、ファンデを塗るまえの準備にはいくつかの段階があります。そのひとつひとつを、しっかりと完了させてから次のステップに進むようにしてください。乳液やクリームの油分が肌になじみ切らず、余分に残ったままでリキッドを塗ってしまうと、肌の上に油分が多すぎて化粧崩れが起きやすくなります。

化粧品を付けすぎたときは、ティッシュを顔にやさしく、こすらず押し当てます。すると余計な油分を取り除き、肌のコンディションを整えることができます。このティッシュオフの一手間が、メイクの仕上がりや持ちに大きく影響してくるのです。

朝の忙しい時間でも、要所要所でポイントを押さえ、丁寧にケアを行ってください。

リキッドファンデにひと工夫

乾燥対策のファンデをいろいろ買って試すのも、肌に合わなかったり出費が増えたりと、心配事が多い。一部分だけ乾燥するから、顔全体に濃厚なファンデを塗る必要はない。せっかく買ったけどもうひと押し、何かが足りない気がする。そんなときは、手持ちのリキッドファンデに一手間加えてみましょう。

手の甲に乗せたリキッドファンデに、オイルや乳液をほんの一滴。これで、保湿効果のあるオリジナルファンデの完成です。かえってベタついてしまう恐れがあるので、入れすぎにだけ注意してください。あとは好みや肌質に合わせて、自分だけのリキッドファンデを作ることができます。

オイルはスクワランやホホバオイルがおすすめ。乳液のほうが軽いファンデになります。乾燥する部分だけ自作ファンデにするのも手です。ぜひ実践してみてください。

お手軽につけられるおすすめのクッションファンデーション

ディオールスキン フォーエヴァー クッション

ひと塗りで毛穴をカバーできるクッションファンデーションです。ポアレス効果のあるスキンケアエッセンス配合で、使うほどに肌本来のバランス機能を回復。みずみずしくマットで明るい質感に整え、付けていることを忘れるほど軽やかな使い心地です。

“カラーロック”テクノロジーが付けたての発色を夜までキープ。メイクの仕上がりが16時間持続する、ロングラスティングクッションです。

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト

肌の上でリキッドがジェルに変化する「ジェリーキッドテクノロジー」搭載。毛穴やくすみなどの肌悩みを艶やかにカバーし、素肌そのものを美しく魅せる、新感覚のクッションファンデーションです。

SFP50・PA+++で紫外線対策もお任せ。ローズエキスやエーデルワイスエキスなどの植物由来スキンケア成分配合で、使うたびに美肌へ近づきます。

イブサンローラン アンクル ド ポー ルクッション

肌の上でリキッドがパウダーに変化する「リキッドトゥパウダーフォーミュラー」構造。汗、皮脂、乾燥というメイク崩れの3大要因をカットする「ハイブレッドホールテクノロジー」が驚きの持続力を実現させます。

色褪せを防ぐ「マイクロコーティングピグメント」が、つけたての発色とフレッシュさを保ちます。洗練された肌を叶えるクッションファンデーションです。

資生堂 シンクロスキン グロー クッションコンパクト

肌にうるおいを与え、フレッシュかつ生きいきとした艶肌へ。肌色や肌質に合わせて仕上げる「アドバンストセンシングテクノロジ―」を採用した、艶感を操るクッションファンデーションです。

キメの整ったくすみのない美しい仕上がりが、誰でもテクニックフリーで実現。保湿成分Sヒアルロン酸配合。SPF23・PA++、天然植物由来成分配合で肌を守ります。

乾燥肌でも使える1本で3役のBBクリーム低価格おすすめ

クリスチャンモード Lキープ BBクリーム

独自配合の「ハイブリッドシリコンパウダー」が、シワの目立たない明るい肌に。シミや凹凸を薄い膜でカバーするBBクリームです。「多孔性のポリメタクリル酸」は、長時間油分のみを吸着し水分は残すので乾燥せず、化粧崩れを防ぎます。

バリア保湿成分の配合により、外的刺激から肌を守りながらうるおいを与えるので、ふっくら滑らかな肌が完成します。収斂効果のあるエブリコエキス配合で引き締め効果も。

一部が透明なボトルだから、自分に合った色が選びやすいのも特徴です。SFP50+・PA++++。

モイストラボ BBエッセンスクリーム

肌に密着して毛穴、シミ、色ムラをしっかりカバーするBBクリーム。リニューアル前に比べ、ナノ化ヒアルロン酸を2倍配合し、コラーゲン・セラミド高機能保湿成分も配合したエッセンスタイプ。

汗や水に強いウォータープルーフで、SPF50・PA++++と紫外線カット効果もアップ。ナチュラルで明るい肌にしてくれるBBです。

コーセー エルシア クイックフィニッシュ BB モイスト

チューブの先端に付いたスポンジで、適量を直接肌に塗布できる、クイックタイプのBBクリーム。水系成分に保湿成分を配合し、下地なしでもきちんと密着してうるおいが持続します。

血色アップパウダーとプラチナムシャインパウダー配合で、光をコントロールしながら明るくツヤのある上質な肌へ。負担の少ないミネラルパウダー配合&無香料で肌にやさしく、洗顔料で落とせます。SPF26/PA++。

ヒロインメイク ラスティング ミネラルBBクリーム

エアリーキープ処方でくずれない。肌悩みをしっかりカバーできるのに、厚塗り感なしのBBクリームです。美容液成分浸透型ヒアルロン酸・浸透型コラーゲン・8種類のアミノ酸・植物性セラミド・野バラエキス・カミツレエキスを配合して、メイクしながら角質層までうるおいを届けます。

ミネラル成分配合で肌にやさしい軽いつけ心地。無香料・皮フ刺激テスト済み、SPF34 PA++。

毛穴パテ職人 BBクリーム エンリッチ

カバー力と光拡散効果が自慢の「リッチカバーパウダー」を配合した、1つ6役のBBクリームです。4種の美容液成分、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸Na・シアバター配合で、毛穴の目立つ乾燥肌をケア。

仕上がりが持続するロングラスティングタイプ。崩れを防止する皮脂吸収パウダー配合、肌引き締め成分アーチチョーク葉エキス配合。SFP50+・PA++++でUV対策も万全です。

乾燥しにくいおすすめのパウダーファンデーション

コスメデコルテ バイタルサイエンス プレミアム パウダーファンデーション リアリティ

保湿成分スクワラン配合・植物由来オイル配合で、なめらかにうるおうパウダーファンデーションです。しっとりとした使い心地で、ひと塗りするとハリ感とリフトアップ感が。汗や皮脂に負けず、美しい仕上がりをキープします。SPF15/PA++ 。

クレ・ド・ポー ボーテ タンプードルエクラ

「全く新しい透明感」を実現するパウダーファンデーション。肌荒れ防止イルミネイティングトリートメントパウダー配合、乾燥防止スキンケア成分配合、SPF22・PA++で肌を強力に保護。ふんわりとした光のヴェールをまとったような、キメ細かい上質な肌へ導きます。アレルギーテスト済み。

シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス

温度変化から肌を守る「スマート サーマル コンプレックス」採用で、いつでも快適な肌に。うるおいと透明感のある肌を完璧に演出するパウダーファンデーションです。紫外線防止効果も兼ね備えた処方(SFP25・PA+++)。自然に輝く、つるりとした仕上がりに。

ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ

パウダーなのに粉っぽくないファンデーション。塗り重ねても厚く見えず、透明感のある上質なツヤ肌に導きます。肌に乗せるとすっと溶けるようになじみ、立体感とハリ感のある仕上がりに。SPF20・PA++で紫外線対策も。

乾燥肌の人がファンデを塗る際の注意点

まずは正しいスキンケアをおこなうこと

乾燥対策できるファンデだったとしても、基本のスキンケアは重要です。保湿は化粧水でしっかりと、油分を補給する乳液やクリームは必要な量を必要な場所に。洗顔は1日2回が限度です。角質ケアや毛穴ケアは、適切な頻度と方法で行うようにします。

乾燥に悩みすぎて、ケアをいろいろやりすぎてわからなくなった場合は、一度基本に戻り、化粧水と乳液だけのシンプルケアを行いましょう。そこから足りないものを足していくと、自分にとって不要なケアが見つかります。

間違ったスキンケアは乾燥を悪化させる恐れもあるので、まずは素肌をきちんと整えましょう。

肌をこすらないように優しく塗る

バリア機能が弱りがちな乾燥肌に、余計な刺激な禁物です。ファンデを塗り込むときは、できる限りこすらないようにしてください。馴染ませるときは、パフをポンポンと押し当てるのが基本です。

ムラができたり、すぐに崩れてしまうからと、何度も同じところをパフで往復しているなら、一度ファンデの量を見直してみましょう。とくにリキッドは少量で薄付きが原則。どうしてもパフでこすらないとうまくできない場合は、使い心地や成分の違う、他のタイプのファンデに変えてみるのもいいかもしれません。

パフを清潔に保つ

意外と見落としがちなパフの手入れ。肌に直接触れるものなので雑菌が繁殖しやすく、夏場はとくに注意が必要な環境です。不衛生なパフでメイクすると、肌荒れの原因になります。

また汚れたパフでは、ファンデのノビやノリも悪くなります。専用のスポンジクリーナーか、食器用の中性洗剤で揉み洗いし、よくすすいでしっかり乾かしましょう。

衛生面で考えると、じつはメイクのたびに洗うのが理想だとか。そこまでマメにできなくても、最低週に一回は洗うか、複数個用意して使用し、週末にまとめて洗ってしまうのも手です。パフが摩耗して表面がザラザラしてきたら、新しいものに交換しましょう。

乾燥肌は刺激に弱いので、清潔なパフでやさしくメイクしてあげてください。

乾燥対策できるファンデーションで毎日潤い肌になろう

メイクすると余計に乾燥する、すぐに崩れてきてしまう、と悩みが尽きない乾燥肌。スキンケアももちろん重要ですが、ファンデーションの選び方次第で、乾燥に負けない潤い肌を作ることができます。

自分に合ったファンデをぜひ見つけて、毎日のメイクで乾燥対策をしていきましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル