首が長い人のお悩み解決。美しいネックラインで女性らしさをアピール

首が長い人のお悩み解決。美しいネックラインで女性らしさをアピール

2017.09.27 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

美しいネックラインは女性の憧れ。でも、首の長い人は、重い頭を支えるための負担がかかりやすく、肩凝りや頭痛などのお悩みを抱えています。大切な首を守る生活習慣を知り、首の長さを活かした髪型やコーディネートを取り入れ、首長美人を目指しましょう。

首が長い人のメリットとデメリット

顔を小さく見てもらえる

「首の長いことが美人の条件」ともいわれるほど、首長美人さんは私たち女性の憧れ。モデルや俳優さんの中にも、首の長い方が多いですね。

首の長い人は、デコルテラインがとても美しく見えるのが特徴で、小顔効果が抜群。顔を小さく見せることができるということは、スタイルがよく見えるということにつながります。

全体のバランスがよくスリムにみえる

理想的なスタイルは8頭身。首長の人は小顔効果があるので、全体のバランスがよく、スリムで華奢なイメージを与えます。首長さんで身長が高い人は、さらにスリムに見えますが、低い身長の人でも、すっきりとした体型に見せることができるのです。

立ち姿や歩き方も美しく映り、髪型をショートやアップスタイルにすることで、さらに小顔効果も引き立ちます。

ラインがはっきりしてアクセサリーが映える

首が長い人は胸元がスッキリし面積が広くなることで鎖骨ラインが美しく見え、ネックレスなどのアクセサリーが映えるというメリットがあります。チョーカーや小ぶりのネックレスなどもよく似合い、デザイン性のあるシャツスタイルを格好よく着こなすことができます。

首に負担がかかり肩が凝りやすい

首の骨の頸椎はS字カーブを描いていてるのが正常な状態。そのおかげで、重い頭を支えることができるようになっています。首が長いことによって負担がかかりやすく、肩が凝りやすい状態になるといえます。

また、首凝りも起こしやすく、痛みを伴うことも。酷くなると自立神経のバランスが崩れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

顎が前になりがちで姿勢も悪くなりやすい

首が長いことで、顎が前に出やすくなるため、姿勢が悪くなりがち。猫背になって、見た目の印象も悪くなります。

姿勢の悪さは、頭痛などの身体の不調や思わぬ病気を招く原因に。さらに、血液やリンパの流れも悪くなるため、脳梗塞や高血圧が引き起こされる可能性も否定できません。

首が長い人に適した枕の役割と選び方

頭を支える手助けをする

朝起きたときに肩の凝りを感じたり、首が痛いという人は、使っている枕が合っていないことが原因かもしれません。

とくに、首が長い人は、首凝りや肩凝りを起こしやすいので、自分に合った適切な枕を選ぶことが大切です。首の骨の頸椎はS字カーブになっているため、寝ている状態のときでも、重い頭を支えてあげる必要性があります。

首元との間に隙間のできないような枕

枕の高さは、自分の身体に合ったものを選ぶことがベスト。首の長い人は、首元との間に隙間ができないような枕を選ぶことがポイントです。

この隙間を埋めると、立っているときと同じ姿勢をキープすることになります。理想とされる枕の高さは、個人によってさまざま。身体に合った枕であるかを確認するためにも、購入前には実際に首に当ててみることをおすすめします。

首の付け根や後頭部に高さの違和感がない

枕選びの基準は、高さと素材感、形状が主なポイント。とくに首の長い人は、枕の高さを1番重要視しなければなりません。快適で質のよい睡眠をとり、疲労の回復を助けるために、枕の高さの調節がとても大切です。

自分の首に負担がかからない枕を選ぶときには、首の付け根や後頭部に違和感のあるものは避けるようにしましょう。枕の首元の幅や角度が合っていないと、首の痛みや肩凝り、頭痛などの症状を引き起こし、快適な睡眠を妨げてしまいます。

横向きに寝た時肩がつぶれたり頬が圧迫されない

眠っている間に、繰り返し行われている寝返り。枕の高さを考えるときには、身体や肩、首などの快適さを大切に考えるようにしましょう。

枕を選ぶときには、まず仰向けに寝て、首元との間に隙間ができないことを確かめたあとに、横向きになってみます。そのとき、肩がつぶれていたり、頬が圧迫されているものは、あなたの身体に合っていない枕です。

首を長く見せるファッションの工夫と心得

Vネックのトップスを着て縦ラインを活かす

首を長く見せるには、V字を意識したトップスを選ぶことがポイント。首元がすっきりして、鎖骨ラインがきれいに見えます。首元が詰まったトップスは、首を短く太く見せてしまうので避けましょう。

襟もとがVラインのシャツなどもOK。縦のラインを活かすことができるので、首長に見せる効果がアップします。

ヌーディーカラーのトップスで色を曖昧にする

ベージュ系のヌーディーカラーのトップスは、首もとの境目を曖昧にする効果あり。肌の色と馴染みがよいため、首を長くみせることができます。

また、肌を美しく見せる効果も高いベージュや薄いピンク色の洋服は、全体のバランスをすっきりと整え、女性らしい柔らかな雰囲気を与えてくれるのでおすすめです。

チェーンの細い小ぶりのネックレスを身につける

ネックレスなどのアクセサリーは、首にV字ラインを作るので首長効果が抜群。ただし、太くて丸みのあるタイプのものは避けるようにしましょう。首長効果があるのは、チェーンの細い小ぶりのものを選ぶことがベストです。

アクセサリーを選ぶときは、できるだけシンプルなネックレスがおすすめ。ロングタイプのネックレスで、ペンダントが付いているものは、首から胸元の縦ラインを強調することができるため、上半身がすっきりとして見えます。

首の外側に肌色より暗めのファンデーションを塗る

首長効果をアップさせるには、首の外側部分に、自分の肌色より暗めのファンデーションを塗ってみましょう。首と顔色の陰影効果により、首を長く見せることができます。

また、首の中心に、縦方向にV字のハイライトを入れるのも効果的。しかし、あまり塗り過ぎると、トップスにファンデーションの色が付いてしまうことがあるので気を付けましょう。

アウターにロングのものを着る

縦のラインを強調することができるロングのアウター。フロントボタンを外し、前を開いて着ることで、首を長く見せる効果があります。

ロングのカーディガンを開けて着たり、長いストールを巻いてもOK。首から足下にかけてのラインが縦長になるため、小顔に見せることができます。

オフタートルの服を選ぶ

首のラインにぴったり合ったタートルネックは、首のラインがはっきりと出てしまうアイテム。首回りがゆったりとしたオフタートルネックのほうが、女性らしさもアピールできて、首を長く見せる効果があります。

その場合は、なるべく黒やグレー、カーキ、ネイビーといった寒色系の色を選びましょう。全体的にすっきりと印象になり、小顔効果も期待できます。

首を長く見せるための正しい姿勢

腰を入れて背筋を伸ばして少し顎を引く

首を長く見せるためには、正しい姿勢をキープすることがとても大切。腰を入れて、背筋をしっかりと伸ばし、少し顎を引いて立ってみましょう。

正しい姿勢とは、身体にとって一番楽な姿勢のこと。無理なくキープすることを身につけましょう。

正しい姿勢の作り方

1.鏡の前で、壁を背にし、かかとを付けて立ちます。
2.かかと、ふくらはぎ、おしり、肩甲骨、後頭部も壁に付けます。(このとき、両手は足の外側に付けます)
3.耳、肩、中指、くるぶしが一直線になっているのを確かめます。
4.背中のウエスト部分に、手のひらを入れ1.5枚分のスペースが開いているか確認してみましょう。

肩を下に下げた状態をキープする

首を長く見せる姿勢で気を付けたいのが、肩の位置。まず、頭のてっぺんが上に引っ張られている状態をイメージして、肩の力を抜きます。

その後、胸を開いて、肩を下に下げた状態をキープ。顎が上がらないように、少し引いてみましょう。このときに、肩と耳が垂直になっていることがポイントです。この正しい姿勢を身につけていくと、首を長く美しく保つことができるようになっていきます。

胸を張って首を後ろに引くように意識する

首の太さが気になる人に共通して見られるのが、猫背であること。背中が丸く曲がって、首が前方向に出てしまった状態です。正しい姿勢を身につけていなかったり、パソコンやスマホによる姿勢の悪さなど、生活習慣によるものが多いのが特徴です。

なるべく、前傾姿勢にならないように心がけ、胸を張り、首を後ろに引くように意識してみましょう。猫背が改善され、美しく細い首筋に近づくことができます。

首を長く見せる姿勢を保つストレッチ3

肩甲骨を回すストレッチをする

首が短く見えたりするのは、首の周りの贅肉が原因かもしれません。そのような場合は、首を長く見せるための、肩甲骨を回すストレッチが有効です。大きな円を描くように首周りや肩の筋肉を動かし、血液やリンパの流れをよくしましょう。

1.両手を水平にあげます。
2.その状態をキープして、腕を前後に回します。これを10~20回程度繰り返します。

肩甲骨の上げ下げストレッチをする

美しいネックラインを作るのに重要なのは、正しい姿勢。肩甲骨を寄せることを意識しながらストレッチを行います。このときに、腹筋に力を入れ過ぎてしまうと、背中が丸まって猫背になりやすくなってしまうので注意しましょう。

1.筋肉をほぐすような感じで、肩を回します。
2.肩甲骨を意識して、内側に3秒かけて寄せてみましょう。
3.そのままの状態で肩甲骨を上げ下げします。これを10~20回程度繰り返します。

お風呂上がりなど、身体が温まっているときが効果的です。毎日少しずつでもよいので、継続して行うことが大切です。

首まわりのリンパマッサージをする

身体の中には、約800個ものリンパ節があります。とくに、首の回りにはとくにリンパ節が集中して存在し、その数は約300個ともいわれています。このリンパ節が停滞すると、さまざまな悪影響を身体に及ぼします。

主な症状は肩凝りや頭痛ですが、体内の老廃物などの排出が滞ってくると、顔のむくみなどが現れてきます。そのまま放置しておくと、身体の免疫力が低下。風邪などの感染症にかかるリスクも高くなるので注意が必要です。そこで、リンパの流れをよくするマッサージを定期的に行って、むくみを解消するようにしましょう。

リンパマッサージを行うときは、くるくると優しく円を描きながら行うことがポイント。ボディオイルやボディクリームを使うと、肌にかかる負担も少なくなるのでおすすめです。ゆったりとした気持ちで行ってみましょう。

1.耳の後ろから鎖骨と肩先に向かって、小さな円を描くようにさすり、リンパを流します。
2.鎖骨の上を肩先から中央に向かって、小さな円を描くようにさすって、リンパを流していきます。

首が長い人に似合う髪型と印象の違い

首が長い人は胸より上の長さの髪型が似合う

実は、髪の長さと首の長さには、とても深い関係があるといわれています。顔の丸さや面長といった形で、髪の長さを決めるだけでなく、首が長いか短いかによっても、その人に似合う髪型が違ってくるのです。

首の長い人に似合う髪の長さは、胸より上の長さの髪型がベスト。首の長い人のメリットである、小顔効果をよりアップさせることができます。

首が長い人は鎖骨が見える髪型が似合う

首の長い人は、デコルテラインが広く見えるのが特徴です。その空間を活かし、鎖骨ラインに近い長さの髪型が、首の長い人に似合うヘアースタイル。肩にかかるくらいのふわっとしたミディアムヘア、肩に付くくらいの長さのボブ、または、ショートヘアなどもおすすめです。

全体的なバランスがすっきりスリムに見えて、小顔効果も抜群。首の長い人は、比較的いろいろなヘアースタイルを楽しむことができるところがメリットですね。

首が長い人はショートボブが似合う

首の長い人におすすめのヘアースタイルが、ショートボブ。マッシュルームスタイル、キャップスタイルと呼ばれています。できるだけ、襟足ギリギリの長さにカットしてもらいましょう。小顔効果が高く、全体的にスリムな印象に見せることができます。

また、ショートボブにパーマをかけてもOK。ねじりヘアでニュアンスに変化をつけたり、カチューシャやバレッタ、ヘアピンなど使ったりなどと、さまざまなヘアアレンジを楽しむことができます。

首が長い人はロングヘアにすると胴長に見えてしまう

首の長い人が、胸より下の長さのスーパーロングにすると、見た目が胴長に見えてしまったり、顔の形が面長に見えることも。首の長い人の最大のメリットである「小顔効果」が半減してしまいます。

ヘアサロンで、髪型をオーダーするときは、胸あたりの長さを基準としてオーダーするとよいでしょう。デコルテラインやネックラインを美しく見せることができます。

首を長く見せるには襟足スッキリのショートヘアにする

首の長さを強調する髪型は、襟足がスッキリとしたショートへア。髪の毛を切ってイメージチェンジをはかりたいと思っている方は、思い切って首を見せるヘアースタイルにみてはいかがでしょうか。

首の露出度が上がると、デコルテラインもよりきれいに見えるので、小顔効果やスタイルアップ効果が抜群。首長美人さんの特性を活かしたヘアースタイルをめざしましょう。

顎下のボブは首が短く見えてしまう

顎下ラインでカットしたボブや、首全体を隠すようなボブは、首を長く見せたい人にはおすすめできません。とくに、首の短い人が首を隠すボブスタイルにすると、襟足が重くなるため、首が短く太く見えてしまいます。

首を細く長く見せたい場合は、少しレイヤーを入れて髪の毛の量を調節してもらうとよいでしょう。全体的なバランスを考えて、自分に似合うヘアースタイルを決めていくことがポイントです。

首が長い人のライフスタイルポイント

パソコンを使用するときは休憩も入れる

仕事などでパソコンを使用するときは、定期的に休憩を挟み、目の疲れを癒すことが必要です。首の長い人は、前傾姿勢になりがち。姿勢が悪くなって、肩凝りや頭痛、眼精疲労などの症状が起こりやすいのです。

また、スマホをみるときの姿勢も要注意。前屈みになったり、「うつむきの姿勢」になりやすいので、首の自然なS字カーブが失われ、ストレートネックを引き起こすことがあります。ストレートネックの症状の主な症状は、めまい、肩凝り、頭痛です。まずは、専門機関である整形外科を受診しましょう。

適度にストレッチなどの運動を取り入れる

首が長い人のお悩みの大半が、肩凝りや首凝り、頭痛を抱えています。対策としては、適度な運動やストレッチを行い、身体の筋肉の凝りを取ることが必要です。

とくに、新陳代謝を活性化させる有酸素運動は、健康やダイエット、脳の老化防止、目の健康維持にも効果的。ジョギングやウォーキング、スクワット、踏み台昇降運動などを日常生活に上手く取り入れていくとよいでしょう。毎日、少しづつでもよいので、継続して行うことが大切です。

食事のときはゆっくりかんで暴飲暴食を防ぐ

美しい首の長さをキープさせるためには、フェイスラインを引き締め、首周りに脂肪が付かないようにすることがポイント。食事をするときには、よく噛んでからゆっくり食べるように心がけましょう。

一口につき、最低でも30回以上は噛むことが大切。顔の筋肉を使うことができ、フェイスラインを美しく整えてくれる効果があります。また、よく噛むということによって、食べ過ぎを防止。胃腸などの内臓機能にかかる負担が少なくなるため、消化吸収機能がアップして健康的な生活を送ることができます。

首まわりを温めて自律神経のバランスを整える

大きなリンパ節や、自立神経など多くの神経系が集まっている首の回り。身体の中でも冷えやすい部分なので、リンパの流れが停滞しやすく、その結果として、首が太くて短くなることがあります。

マフラーやスカーフなどを用いて首回りを温めましょう。リンパの流れがよくなり、自律神経のバランスも整えることができます。首の大きく開いているトップスを着るのはNGです。

素材を活かし見せるコツを意識してスッキリした首長を目指す

首が長い人は小顔効果が抜群。全体的にもスリムな印象を人に与えます。その反面、姿勢が悪くなりやすく、肩凝りや、頭痛を起こしやすくなるのがデメリット。

しかし、生活習慣を見直したり、正しい姿勢や首回りのケアをきちんと行えば、美しいネックラインををキープすることができます。ファッションやヘアスタイルで自分の個性を最大限に活かして、スッキリした首長美人をめざしましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら