太ももが痩せない原因とは。原因を知ってスッキリした太ももになろう

太ももが痩せない原因とは。原因を知ってスッキリした太ももになろう

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

なかなか太ももが痩せないことに悩んでいる人はとても多くいます。しかし、なぜ痩せにくいのかを理解することができれば、どのようなケアを行えば痩せることができるのかわかります。痩せにくい原因と、効果的なケアを知って、スッキリした太ももを手に入れましょう。

太ももが痩せない原因

骨盤がゆがんでいる

太ももが痩せない原因の1つに骨盤のゆがみが考えられます。骨盤は、足を組むなど日常のちょっとした癖ですぐにゆがみます。

骨盤は体の中心。その骨盤がゆがんでしまうと、体の中心がゆがんでしまうので全体のバランスが崩れます。体のバランスの崩れはむくみにもつながります。また、内臓が下に降りる原因ともなり、この状態ではお腹がポッコリしてしまい、お尻が大きくなる原因となります。さらには血流やリンパの流れが悪くなることで老廃物が蓄積しやすくなり太りやすい状態になります。

ダイエットなどを行ってもなかなか太ももが痩せないのは、痩せにくい状態の体になっているためです。

太ももがむくんでいる

太ももが痩せにくいのには太もものむくみも原因となります。むくんでいるということは、余分な水分や老廃物が溜まってしまっているということです。この状態のまま、ダイエットなどを行っても思うように効果をだすことができません。

もともとの状態が痩せにくい状態のままでは、いくら努力を行っても効果は出にくいです。特に太ももやお尻は脂肪が蓄積しやすい部位となっていますから、まずはむくみにくい状態を作る必要があります。

セルライトが蓄積している

本来ダイエットなどを行えば全身が痩せるのが通常ですが、太ももなどの下半身はなかなか痩せないという人が多くなっています。これは下半身、特に太ももやお尻に蓄積してしまったセルライトが原因となっている可能性があります。

セルライトはむくみが長く続いている状態で、むくみと脂肪細胞がくっついてできます。セルライトは、なかなか頑固なものとなりますから、簡単には解消することができません。そのため、運動を行ったり食事制限をしても、なかなか思うような結果を出すことができないということになります。

ハードな運動による筋肉の増加

ダイエットのために運動を行うと筋肉量が増加します。それによって太ももが痩せないということも考えられます。

ダイエットを目的とした運動を行う場合には、脂肪を燃焼することができる程度の運動が必要となります。張り切ってハードな運動を行うことで筋肉量が増加してしまうと、体重が増加することも考えられます。脂肪が燃焼しないまま筋肉がつけば、筋肉の分体重が増えてしまいます。ハードな運動がダイエットには不向きであることもわかるでしょう。

子宮を守るために脂肪がつきやすい

太ももからお尻にかけては、脂肪がつきやすくなっています。特に女性は子宮を守る働きで、下半身に脂肪がつきやすくなっています。特に妊娠すると体が自然に子宮を守るようになります。妊婦さんになるとお尻が大きくなるのはそのためです。お尻と同時に太ももにも脂肪がつき、出産まで子宮を保護します。

妊娠中でなくても、下半身はどうしても脂肪がつきやすい状態にあります。ダイエットなどで下半身の脂肪を落とすことは、他の部位に比べると少し難しいともいえます。

骨盤のゆがみを解消して太ももを細くする方法

正しい姿勢を身につける

太ももを細くするためには、まずは骨盤のゆがみを改善することが必要です。骨盤のゆがみは、日ごろのちょっとした癖が原因となることが多くなっています。例えば、座る時に足を組む、カバンをいつも同じ肩にかけている、うつぶせで寝ることが多い、といったように何気ない癖が原因となっています。

まずは日ごろの癖を見直し、正しい姿勢を身に付けましょう。椅子に座る時には足を組まずに両足をそろえるようにする。猫背にならないように背筋を伸ばすといったことです。

背筋を伸ばすというと極端に胸を張りすぎてしまう人も多いのですが、腰に負担をかけてしまいますから肩の力を抜いてまっすぐな姿勢になるように心がけます。

骨盤矯正ストレッチを行う

骨盤矯正ストレッチは自宅でも行うことができます。方法はいくつもありますが、最もポピュラーなものが腰を回すストレッチです。

立った状態で足を肩幅に開き、腰に両手を当てて、腰を回します。フラフープを回すようなイメージで水平に回すように行うことがポイントです。朝晩30回ずつ行うことで骨盤のゆがみを改善することができます。このストレッチは骨盤のゆがみだけでなく、ウエストの引き締めにも役立ちますから毎日行うようにしましょう。

骨盤は日常のふとした動作で歪みが出る可能性があります。骨盤ストレッチを毎日の習慣にすることで、歪みを予防することもできます。

むくみを取って太ももを細くする方法

同じ姿勢ばかりでなく動く

仕事などで、長時間同じ姿勢を続けているという人は少なくありません。同じ姿勢を続けていると一定の箇所に負担がかかってしまい、体のバランスが崩れ骨盤のゆがみにつながります。同じ姿勢を続けることが多いような場合には、時々伸びをするなり軽いストレッチを行ったりすることが、骨盤のゆがみを予防することになります。

デスクワークの場合であれば、トイレなどに立ち上がった時に軽く腰を回したり、伸びをしたり体を動かすようにしましょう。立ち仕事であれば、片足過重になってしまったり、姿勢を正すために肩に力が入りっぱなしになっていることもあります。適度に体をリラックスできるようにしましょう。

足湯などで温めて血流を促進させる

骨盤がゆがんでいると血流が悪くなってしまい、老廃物をためやすく、むくみやすくなります。血流を促進して老廃物を排出しやすい状態を作ることが大切です。

血流をよくするためには、足湯などで温めてあげるのが効果的です。下半身は血流が悪くなりやすい部位です。足湯で温めることで、体の先端となる足の指の血流をよくすることができます。先端の血流がよくなれば自然と全体の血流もよくなるので、むくみの改善にもつながります。

薄着に気を付ける

太ももがなかなか細くならない場合には血流やリンパの流れが悪くなっていることがあります。同じ姿勢でいることや体の冷えも痩せにくい原因となります。女性の場合にはスカートを履くこともあり、薄着の状態になることが多くなっています。どうしても下半身が冷えやすい状態になります。

体が冷えることで代謝が落ち脂肪が燃焼しにくくなります。薄着をしないように気を付けることも大切です。下半身はあまり、厚着をすることができませんが、できるだけ冷やさないようなファッションをするようにしましょう。

カリウムを意識して摂取する

むくみの原因は骨盤のゆがみ以外にも、塩分の摂りすぎということもあります。体の中に塩分が多い状態になると、それを薄めるために水分を多く体がため込むので、むくみの原因となります。

日ごろから塩分の摂り過ぎに気を付けるのはもちろんですが、摂り過ぎた塩分をうまく排出するためにはカリウムが必要です。

カリウムは、ホウレンソウ、アボカド、大豆、ヒジキといった食材に多く含まれる成分です。食事にカリウムの豊富な食材を積極的に摂り入れるようにしましょう。

塩分はなるべく控える

むくみの大きな原因として塩分の摂り過ぎがあります。外食やファストフードなど、どうしても塩分を摂りすぎてしまう食事が多くなります。意識して塩分を控えるようにすることが大切です。

外食はもちろんですが、自宅でも塩分が多いものを意識せずに摂っている可能性があります。むくみがある場合には塩分を控えるように気を付けましょう。

リンパマッサージを行い老廃物を流す

太もものむくみを摂るためには、食事などに気を付けるだけでなく外からのケアも必要です。効果的なのがリンパマッサージ。リンパマッサージを行うことで流れがよくなり老廃物を排出しやすくなります。

リンパマッサージは、リンパに沿って下から上にリンパを流すように強めに擦るようにマッサージします。あまり強くマッサージすると肌を痛めてしまうので、気をつけましょう。

また、リンパの流れが悪くなっている場合には弱い力であっても痛みを感じることもあります。無理をせずに根気よく毎日続けることが大切です。続けることでリンパの流れがよくなり、痛みも軽減されます。

美容ローラーを使用しマッサージする

太もものマッサージは自分の手で行うのもよいのですが、力を入れすぎてしまったり手が疲れてしまったりということも。そういう場合には美容ローラーを活用しましょう。

美容ローラーでマッサージすることで効率よく、効果的なマッサージを行うことができます。リンパの流れに沿って下から上にマッサージするのはもちろん、太もも全体をマッサージするとセルライトの解消にも役立ちます。また、足の裏からしっかりマッサージするとさらに効果的なマッサージになります。

弾性ストッキングをはく

仕事などでデスクワークが多いような場合には、どうしても下半身にむくみが出やすくなります。こういった場合に便利なのが弾性ストッキングです。弾性ストッキングはしっかり足をサポートして圧をかけてくれることで、下半身に溜まりがちな水分などを押し上げてむくみを予防することができます。

日ごろから夕方には足がむくむという場合には、弾性ストッキングを利用するとむくみが簡単に予防できます。

足パカエクササイズを行う

足パカエクササイズは近年注目されているエクササイズの1つです。簡単に自宅であいた時間に行うことができ、効果もかなり期待できます。きつい運動は苦手という人でも手軽に行うことができます。

仰向けで寝た状態で両足を上げて、足をパカパカするエクササイズです。寝る前に行うと昼間のむくみ解消につながり、眠りにつきにくいことの改善にもつながるでしょう。

足パカエクササイズの方法

1.仰向けになり、脚を垂直にまっすぐあげる

仰向けになった状態で床から脚が垂直になるように脚を上げます。この時、手は体の横に置くようにします。

2.真横に開脚して閉じる

まっすぐに上げた両足のかかとを付け、つま先を外側に向けるようにします。この状態ができたら脚をできるだけ左右に開きます。この動きをゆっくりと太ももの内側を意識しながら行います。

3.30回ほど繰り返す

脚を閉じる開くを1回として30回ほど繰り返します。ゆっくりと繰り返すことで負荷を大きくすることができます。太ももの内側に力が入るの意識して、ゆっくり行うようにしましょう。

足パカエクササイズだけでなく、歩く、足湯を行うなど血流促進に努めましょう。さらに、カリウムを積極的に摂り、余分な塩分を排出することも大切です。

老廃物を溜めないためには、リンパマッサージや弾性ストッキングを利用するのも有効です。また、サプリメントの利用なども合わせて行うことでより効果的な太もも痩せにつながります。

セルライトを減らして太ももを細くする方法

スクワットなど適度な筋トレをする

セルライトは皮下脂肪がコラーゲン繊維と絡まっている状態ですから簡単に解消することができません。セルライトにはマッサージが有効とされていますが、合わせてスクワットを行うとより効果的にセルライトの解消ができます。

スクワットを行うことで筋肉に働きかけることができます。筋肉がついてくると代謝がアップするのと同時に、内側から筋肉の刺激をセルライトに伝えることができます。さらに、スクワットを行うことで血流をよくすることができるのでむくみの解消にもつながります。

最初から無理をして回数を多く行うのではなく、朝晩に10回程度から始めて徐々に回数を増やしていくことで続けやすくなります。

適切な食事量を把握し食事制限する

太ももにセルライトがあるということは少なくとも、エネルギーを摂りすぎているということになります。いくらマッサージやエクササイズなどを行っても、食事量が多いとセルライトを解消することが難しくなります。

極端な食事制限は不調の原因となりますが、食事量を制限することで余分な脂肪を溜めてしまうことを防ぎ、セルライトの解消に役立ちます。適切な食事量を理解して、脂肪をつけないようにしましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
食事制限ダイエットをするコツ。正しい方法で健康的にシェイプアップ 

糖質制限を心がけた食事をとる

セルライトは簡単に言うと脂肪の塊です。脂肪は、体が余ったエネルギーを脂肪としてためている状態です。エネルギーを摂りすぎないためには、糖質を意識する必要があります。代表的なものとしては炭水化物です。

炭水化物を摂ることで糖質に代わり体のエネルギーとなりますが、必要以上に摂りすぎると脂肪として蓄積されることになります。炭水化物だけでなく糖質は脂肪になります。必要以上に糖質を取らないよう、糖質制限を行って脂肪をため込まないようにしましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
糖質制限に効果的なダイエットレシピとは?体の内側から綺麗になろう 

食事から体を温める

食事は痩身には、とても重要なポイントとなります。糖質制限に加えて、温かい食事を摂るようにして体を内側から温めることも大切です。

運動など行うのはもちろんですが、冷たいものを摂るのではなく温かいものを摂るようにすることも大切です。体を内側から温めることで代謝の促進につながりますから、食べ物や飲み物も温かいものを摂るようにしましょう。

お風呂でセルライトの揉みだしをする

セルライトは内側からのケアだけでなく、外からのケアも重要な役割を果たします。セルライトは脂肪が固まってしまっている状態ですから、揉みだすことが大切です。太ももを掴むようにしてセルライトをつぶすようなイメージで揉みだします。お風呂で温まった状態で行うとより効果的となります。

体が冷えている状態ではうまく揉みだすことができません。必ず温めて行うことがポイントです。

マッサージオイルで太ももをマッサージする

セルライトの解消には揉みだしと同じように、マッサージも重要です。マッサージを行う際には、マッサージオイルを利用することで、マッサージ自体も行いやすく肌を痛めずに済みます。

マッサージオイルは脂肪燃焼効果のある成分や、保湿成分などが配合されているものを選びましょう。効果的で肌をいたわったマッサージを行うことができます。

 

筋肉太りを緩和させて太ももを細くする方法

足腰のストレッチをする

筋肉太りの場合には、筋肉と筋肉の間に脂肪がついている状態です。このような状態では食事制限では簡単に脂肪を落とすことができません。

筋肉質の太ももを細くするためにはゆったりとした運動が効果的。足腰のストレッチをゆっくりと行うようにすると、内側の筋肉を鍛えることができ脂肪を燃焼しやすくなります。ハードな運動などをしてしまうと、表面の筋肉を鍛えることになり、さらに太く固くなる可能性も。インナーマッスルを意識したストレッチを丁寧に行うようにしましょう。

筋肉太りを緩和させる足腰のストレッチ方法

1.片足だけ正座をし、もう片足は伸ばした状態で座る。

2.そのまま上体を後ろに倒す。

3. 背中がつくならつけて、太ももが伸びていたらそこで止める。

4.太ももの前面が伸びているのを意識して20秒数える。

お風呂で筋肉の揉み解しをする

筋肉太りを解消するために有効となるのがマッサージです。脂肪の燃焼を促しながら、筋肉を揉みほぐすようにお風呂でマッサージをしましょう。

お風呂であれば、体温が上がり、脂肪が燃焼しやすい状態を作ることができます。このような状態で太ももをゆっくり揉み解すことで脂肪の燃焼効果が高まります。

せっかくの筋肉を落とさないように緩やかな運動も行うこともポイントです。筋肉があることで代謝が上がり脂肪燃焼効果がありますから、筋肉を落とさないようにすることも大切です。

ゆっくりと時間をかけてヨガをする

筋肉質の太ももを細くするためにはインナーマッスルに働きかける、ゆったりとしたストレッチがおすすめです。ヨガは動きがゆったりしていながらも、インナーマッスルを鍛えることができます。ハードな運動ではないので、運動が苦手な人でも行うことができます。

ヨガと合わせて表面の筋肉の揉み解しを行うことで、筋肉の下の脂肪の燃焼効果が高まります。呼吸を整えながら、ゆったりとした動きのヨガを行うことで脂肪燃焼を促しましょう。

太ももダイエットに効果的な一週間筋トレ

内転筋を鍛えるワイドスクワット

太ももの内側に脂肪が付いて太くなっていることも。実際に触ってみるとわかりますが、脂肪がついていると内ももは柔らかくなっています。太ももの外側は日常生活の中で自然と筋肉を使いますが、内側は意識しないと筋肉を使えません。そのため脂肪もつきやすくなります。

太ももの内側の筋肉、内転筋は意識して鍛えないとなかなか使われません。ここを鍛えることで太ももが引き締まり細くなります。内転筋を鍛えるために有効なのがワイドスクワットです。毎日行うようにしましょう。

ワイドスクワットの方法

1.足を肩幅の1.5~2倍ほどに開く

2.指先を左右両方45度ほど開いてそのままスクワットをする

3.つま先よりも膝が前に出ないように気を付ける

4.膝が90度になるぐらいまでしゃがみこむ

5.10~15回を1セットとして3セット行う

中殿筋を鍛えるサイド・ヒップレイズ

サイド・ヒップレイズは脚の付け根から腰にかけてある中殿筋を鍛えるためのエクササイズです。中殿筋を鍛えることで骨盤が安定します。骨盤が安定すると姿勢もよくなり歩く姿も美しくなります。

また、骨盤が安定することで、血流やリンパの流れがよくなり老廃物が溜まりにくく、痩せやすい状態を作ることができます。

サイド・ヒップレイズの方法

1.床に手と膝をつき四つんばいになる

2.膝を曲げたまま、片方の足を膝が腰と同じ高さになるくらいまで横側に上げる

3.ゆっくり膝が床につく手前まで降ろす

4.10~20回を1セットとし2~3セット行う

大殿筋を鍛えるブルガリアン・スクワット

ブルガリアン・スクワットは、ヒップアップで人気のスクワットです。立ち上がったり、ジャンプをするときに使われる筋肉で、お尻の土台となります。骨盤の回りから脚の付け根にかけてあり、この筋肉を鍛えることでヒップアップを行うことができます。

ブルガリアン・スクワットの方法

1.膝の高さくらいの台や椅子を用意する

2.台から1mくらい離れたところに立ち、足の甲を台に乗せて背筋を伸ばす

3.膝と爪先の向きが合うようにして、ゆっくりと膝を曲げる

4.膝が約90度くらいまで曲がったら、膝を伸ばして戻す

5.片足10~15回を1セットとして3セット行う

太ももダイエットに効果的な一週間ストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

大腿四頭筋は、体の中で最も力強い筋肉と呼ばれています。股関節を曲げたり、ジャンプをしたり、膝の曲げ伸ばしにもかかわってくる筋肉となります。この筋肉を鍛えることで疲れにくくなり、運動などもスムーズに行うことができます。

大腿四頭筋が固くなってしまうと怪我の原因になることもあります。ストレッチで柔らかくしておくことは疲れないためにも怪我などをしないためにも重要となります。

大腿四頭筋のストレッチ方法

1.片足立ちになる

2.ストレッチする側の足首を握り、腰を曲げてお尻の方へ引き寄せる
3.30秒ほどキープする

ハムストリングのストレッチ

ハムストリングは太ももの後ろ側にある筋肉となり、普段はあまり使われません。そのため固まりやすい筋肉ともなっています。

このハムストリングをストレッチでほぐすと姿勢の改善につながります。さらに、ヒップアップ効果やポッコリお腹の改善にもつながります。日ごろ使わないだけにストレッチで効果の出やすい部位ともなっています。

ハムストリングのストレッチ方法

1.姿勢をよくして椅子に座り前かがみになる

2.胸と太ももの前面はぴったりくっつけて足首の後ろを掴む

3.ゆっくりお尻を上げて足を伸ばす

4.呼吸をしながら10秒キープして伸ばし、また座り?から同じストレッチを繰り返す

5.1~4を1セットとして5回ほど行うと効果的

太ももダイエットに効果的なエステ

ラジオ波で脂肪を減らすキャビテーション

キャビテーションはラジオ波の1つで、エステでは、切らない脂肪吸引と呼ばれるほど効果がわかりやすい痩身方法となっています。

高周波のラジオ波を体に当てること体の中で圧力の違いができ、体液中に気泡が生まれます。この気泡が圧力の違いによって破裂する際に、脂肪を粉砕するという方法です。

キャビテーションは脂肪を粉砕することができるのですが、それを排出することができないため、エステではマッサージとセットになっていることが多いです。せっかく破壊した脂肪も老廃物として排出することができないと、固い脂肪として残ってしまいますからマッサージは重要なポイントとなります。

体の内から温め脂肪を溶かすサーモシェイブ

サーモシェイプは高周波のラジオ波を体に当てることで脂肪の温度を上げて溶かす方法です。溶けた脂肪は老廃物となりいずれ体の外に排出されます。

脂肪の温度が上がることで血流もよくなりますから老廃物の排出も促進されます。また、1度行うと2週間程度はその効果が持続し、痩せやすい状態が続きます。

ローラーで揉み解し吸引するエンダモロジー

エンダモロジーは、セルライトの改善に役立つことで人気のトリートメントです。機器を使用して皮膚を吸引して持ち上げながらマッサージを行うことで脂肪が揉みぐされ、血流やリンパの流れが促進し、老廃物の排出がスムーズになります。

手で行うのとは違った機械に制御されたマッサージは、それぞれの状態に合わせてゆっくりと揉み解しを行ってくれます。皮膚を吸引して持ち上げることで皮下組織に直接働きかけることができますから、効果も高いものとなります。

太ももが痩せない原因を理解して対処しよう

太ももが痩せないと悩んでいる人は多いのですが、なぜ痩せないのかを理解している人は少ないでしょう。痩せにくいのにはそれなりの理由があります。また、人によってなぜ痩せにくいのかにも違いがあります。

きちんと痩せにくい理由を理解することで、どのようなケアを行えば太ももを細くすることができるのかが、見えてきます。それぞれの状態に合わせた方法で太もも痩せを目指しましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル