脂肪燃焼スープを食べて健康的に痩せるデトックスダイエット

脂肪燃焼スープを食べて健康的に痩せるデトックスダイエット

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

最近太った、目標があるので短期間で痩せたい、運動は苦手。そんな方におすすめなのが、脂肪燃焼スープダイエット。食べて痩せるダイエットで、食べることがやめられない方にぴったり。さらに短期間で効果が期待できるので、時間がないときにもおすすめです。

脂肪燃焼スープダイエットの正しいやり方

脂肪燃焼スープは短期間ダイエット

脂肪燃焼スープダイエットは、スープを食べることでダイエット効果を得る、食べるダイエット法です。しかし、食事制限を伴う要素もあるため、基本的には短期間で行うダイエットであると覚えておいてください。

脂肪燃焼スープダイエットは、短期間で効果が得られやすく、目的や目標が明確なダイエットに向いています。例えば、あと1週間後に水着を着る機会がある、写真をとる機会があるなど、ここ1番のときに行うとよいでしょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ミネストローネでお手軽ダイエット。脂肪燃焼スープで痩せられる? 

スープは朝昼晩いつ食べてもOK

脂肪燃焼スープを食べるタイミングは朝昼晩いつ食べてもOKです。ただし、スープは最低1日1杯食べるようにしましょう。脂肪燃焼スープはスープ自体に脂肪燃焼を促す効果が期待できます。

毎日食べることで、ダイエット効果が高まり、短期間での効果が期待できるようになるのです。毎食食べても構いませんが、飽きてしまうこともあるため、無理をしない範囲で行いましょう。

食べれば食べるほど痩せられる

脂肪燃焼スープは、スープ自体に脂肪燃焼を促す効果が期待できます。脂肪燃焼スープには、脂肪燃焼効果がある食材が多数使用されており、相乗効果で、脂肪燃焼を促してくれる仕組みになっています。

このことにより、脂肪燃焼スープダイエットは食べれば食べるほど痩せられる、夢のようなダイエットと人気があります。

スープ以外は食べられる日が決まっている

脂肪燃焼スープダイエットは、スープ以外のものは食べてよい日が決められています。ルールをきちんと守ることによって、脂肪燃焼スープによるダイエット効果を高めていくことができます。

食事制限を伴うことで辛いと感じる部分もあるかもしれません。ですが、その分、脂肪燃焼スープダイエットは短期間で終了するダイエットとなっています。

基本プログラムは7日間

脂肪燃焼スープダイエットは基本的に7日間のプログラムになっています。脂肪燃焼スープダイエットは食事制限を伴うので、少しきついと感じることもあるダイエットです。その分、期間が短く、短期で効果を出すことができます。

脂肪燃焼スープダイエットは1週間で終了するので、我慢する期間も短くてすみます。目標があるダイエットの場合は、この期間で終了するのは、むしろありがたいかもしれませんね。

脂肪燃焼スープダイエットの前日準備

スープに必要な材料を揃える

脂肪燃焼スープダイエットのためには、まずはスープに必要な材料をそろえましょう。揃えるといっても、脂肪燃焼スープに使用する材料は、ごく一般的にスーパーで買えるものばかりですので、特に入手困難なものはありません。

また、季節的に手に入りにくいものがあった場合は、他の野菜で代用がききますので、脂肪燃焼スープ作りが極端に困難になることはありません。このように脂肪燃焼スープダイエットは、気軽に始めることができるダイエットです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
野菜ダイエットとは何?驚くべき野菜の栄養と効果 

お酒は飲まない

脂肪燃焼スープダイエットの効果を高めるためには、お酒を飲まないようにすることが重要です。脂肪燃焼スープダイエットは、デトックスの要素を含んでいますので、肝臓に負担をかける飲酒は避けるようにしましょう。

また、お酒を飲むことで、むくみやすくなり、水太りの原因にもなりますので、ダイエットとしても効果が下がりやすくなります。ダイエット直前の飲酒は、避けるようにしましょう。

前日の夕食は消化のいいものにする

脂肪燃焼スープダイエットの効果を高めるために、前日の夕食は消化のいいものにするようにしましょう。胃腸に負担をかけずにおくことで脂肪燃焼スープダイエットの効果を高めることができます。

脂肪燃焼スープダイエットは、食事制限を伴うダイエットなので、とにかく内臓に負担をかけないように注意して行いましょう。

スープに必要な野菜と代用できるもの

玉ねぎの代用は硫化アリルの多いニラ

脂肪燃焼スープに必要な材料は、どれも一般的なもので、スーパーなどで簡単に手に入りますが、季節的に店頭に置いていなかったり、高価だったりした場合には、別のもので代用することもできます。

たとえば、脂肪燃焼スープには、玉ねぎが必要ですが、玉ねぎがなかった場合は、硫化アリルの多いニラでも代用できます。たまたまニラが余っていた場合にも、代わりに使うとよいでしょう。

キャベツの代用は抗酸化力のあるブロッコリー

脂肪燃焼スープにはキャベツを入れます。ですが、キャベツの代わりにブロッコリーを使用することもできます。ブロッコリーはキャベツと同じアブラナ科の野菜で、抗酸化力が高く、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。

もし、ブロッコリーがあれば、キャベツの代わりにブロッコリーを使用してもよいでしょう。ブロッコリーは食感も楽しめますので、おすすめです。

トマトが苦手ならトマトジュースでもOK

トマトはリコピンが含まれており、抗酸化作用が強く、美容、美肌効果が期待できる野菜です。ですが、苦手な場合はトマトジュースでも代用が可能です。

また、トマトは旬の時期以外は比較的高価であることもあります。冬などのトマトが値上がりしている時期は、ジュース又は缶詰で代用するようにしてもよいでしょう。トマトが高い時期でも脂肪燃焼スープを作りやすくなりますね。

セロリの代用は鉄分の多いほうれん草

セロリはデトックス効果が高く、食べれば食べるほど痩せるマイナスカロリーの食材といわれています。さらに、独特の香りがあり、食欲を増してくれるため、脂肪燃焼スープをたくさん食べることができるようになります。

このことから、ぜひ脂肪燃焼スープに入れてほしい野菜なのですが、どうしても手に入らない場合は、鉄分が豊富で、手に入りやすいホウレンソウで代用してください。ホウレンソウは基本的に通年流通していますので、代用しやすい野菜です。

ピーマンの代用はビタミン豊富なパプリカ

ピーマンも、脂肪燃焼スープには必要な野菜です。ですが、ピーマンがない場合は、ビタミン豊富なパプリカで代用しましょう。カラフルなパプリカはビタミンが豊富で、ピーマンよりも苦みがなく、食べやすいという点もメリットです。

近年流通が増えており、通年置かれているスーパーが増えています。また、甘みもあって食べやすい点も嬉しいですね。

にんじんの代用はβカロテンの多いカボチャ

ニンジンは手に入りやすい野菜で、カロテンが豊富に含まれており、抗酸化作用が期待できます。ですが、ニンジンが手に入らない場合やたまたまカボチャが手に入った場合は、同様にβカロテンの多いカボチャで代用することもできます。

カボチャは甘みがあり、脂肪燃焼スープを食べやすくしてくれますので、お勧めの食材でもあります。カボチャが入ることで、子供でも食べやすいスープになりますので、家族にも出す場合もおすすめです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
カボチャはダイエットに効果抜群?栄養素を知って上手に摂取しよう 

脂肪燃焼スープの作り方と保存法

野菜は食べやすい大きさに切る

脂肪燃焼スープを作る際には、まずは野菜を食べやすい大きさに切ることから始めましょう。野菜の食感が残っていた方が食べごたえがあって美味しい方は、ある程度大きく切るようにします。

逆に、野菜の原型を残さないスープを作りたい場合は、細かく刻むようにしましょう。ミキサーにかけてもOKです。このように、野菜のサイズは好みで切るようにしましょう。

大きな鍋で作ると効率的

脂肪燃焼スープは大きな鍋で作ると効率的です。また、大きな鍋で煮込むことによって、多くの種類の野菜を脂肪燃焼スープに入れることが可能になります。

そらに、スープは大きな鍋で大量に煮込むことで、熱がじっくりと伝わり、おいしくなる傾向にあります。大きな鍋でつくることは、いっぺんに大量に作れて、効率的であるだけでなく、おいしいスープを作ることができるので、非常におすすめです。

味のアレンジは自由にしてOK

脂肪燃焼スープの味のアレンジは自由にしてOKです。好みで、コンソメや中華風など、食べやすい味付けにしてください。ただし、あまり脂肪分が多くなるような、例えば牛脂やごま油で味付けする方法は避けるようにしてください。

脂肪燃焼スープは1週間食べ続けるので、途中で味に飽きてきてしまうことがあります。ですから、先に野菜だけを煮込んでおいて、出来上がってから小分けにして味付けしてもよいでしょう。このようにすることで、毎日違う味付けで脂肪燃焼スープを食べることができるため、脂肪燃焼スープに飽きにくくなります。

冷蔵の場合は3日以内で食べきる

脂肪燃焼スープは冷蔵保存が可能です。ただし、冷蔵保存の場合は、必ず3日以内に食べきるようにしてください。脂肪燃焼スープは冷蔵庫に入れていても痛むことはありますので、特に夏場はなるべく早く食べきるようにしましょう。

心配な場合は、脂肪燃焼スープは少量づつ作るか、冷凍保存するようにするとよいでしょう。

冷凍の場合はしっかり空気を抜く

脂肪燃焼スープは冷凍保存が可能です。脂肪燃焼スープを冷凍保存する場合はジップロックなどに入れて、しっかりと空気を抜いてから、保存するようにしましょう。

冷凍は小分けにして1回分づつの量にすると、食べるときに便利です。また、食べる際はしっかりと火を通してから食べるようにすると、さらによいでしょう。

脂肪燃焼スープのアレンジレシピ

味噌を入れて味噌汁風

脂肪燃焼スープのアレンジは自由で、豊富な味付けが楽しめます。まずは味噌を入れて、みそ汁風の味付けにしてみると、手軽で美味しくいただけるでしょう。

味噌も、合わせ味噌、白味噌、赤味噌、八丁味噌と、いろいろと変えてみると、飽きずに食べられるようになるでしょう。さらに、味噌は発酵食品で、体を温める作用も期待できるため、ダイエットとしての相性も非常によいといえます。

アサリと豆乳を入れてクラムチャウダー

脂肪燃焼スープにアサリと豆乳を入れて、クラムチャウダーにしてみましょう。アサリの旨みがあわさって、非常においしいスープになります。豆乳の代わりに牛乳を入れても構いません。

ですが、豆乳には大豆イソフラボンという、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれており、生理痛の改善などに効果が期待できます。こういったことも踏まえ、なるべくなら豆乳を使用するようにするとよいでしょう。なお。アサリを入れることで日持ちしなくなりますので、ご注意ください。

豆腐とキムチでチゲ鍋

脂肪燃焼スープに豆乳とキムチを入れてチゲ鍋風にしてみましょう。キムチの旨みと辛さで食欲が増し、脂肪燃焼スープをいつもよりもたくさん食べることができます。

また、キムチにはトウガラシが使われており、トウガラシに含まれるカプサイシンは脂肪燃焼効果があると人気の成分です。脂肪燃焼スープに入れることで相乗効果も期待できるため、おすすめのアレンジ方法です。

カレー粉をいれてカレースープ

脂肪燃焼スープにカレー粉を入れてカレースープにしてみましょう。カレーは食欲をそそる香りで、脂肪燃焼スープに加えることで、脂肪燃焼スープをたくさん食べることができるようになります。

定番の味付けですが、あまり嫌いな人がいない、おいしいアレンジ方法です。辛さを調節して、お好みの味付けにしてください。

キノコとコンソメでポトフ

脂肪燃焼スープにキノコとコンソメを加えてポトフにしてみましょう。キノコにはキノコキトサンという脂肪燃焼や、脂肪の吸収を妨げる成分が含まれていますので、加えることで、さらにダイエット効果が期待できます。

また、ポトフにするときは野菜がごろごろしていた方がおいしいので、野菜は大きめに切るようにしましょう。食べごたえもあって、満足感が得られます。

脂肪燃焼スープダイエットの副作用と対処法

頭痛がしたら体を温める

脂肪燃焼スープダイエットによって、まれに頭痛がしてくることがあります。もしも、頭痛がしてきたら、体を温めるようにしましょう。ひどくなるようなら、脂肪燃焼スープダイエットは中断し、様子を見るようにしましょう。

もちろん脂肪燃焼スープダイエットとは無関係の病気の場合もありますので、おさまらないようなら病院に行くようにしましょう。

頻尿になったらスープを食べる量を控える

脂肪燃焼スープはデトックス効果が非常に高いです。また、利尿効果が高い野菜をたくさん使っています。このことから頻尿になることもあります。

頻尿になりすぎると、水分不足になることもありますので、脂肪燃焼スープを食べる量を控えるなどして、調整するようにしましょう。また、水分をたくさんとるようにすることも大切です。

眠気を感じたら少量の糖質を摂取

脂肪燃焼スープダイエットをやっていて眠気を感じたら、少量の砂糖を摂取するようにしましょう。糖分不足になるのを防ぎ、うまく脂肪燃焼スープダイエットを続けることができるようになります。

脂肪燃焼スープダイエットは、とにかく無理をせずに、緩やかに続けるようにしましょう。結果を焦らずに、異変を感じたら、都度対応していくようにしましょう。

お腹が下ったら経口補水液を飲む

脂肪燃焼スープダイエットをしていて、お腹が下ったら経口補水液を飲むようにしましょう。脂肪燃焼スープはデトックス効果が高いことから、お腹が下ることもあります。

経口補水液は水分の吸収が良く、脱水症状を防いでくれますので、脂肪燃焼スープダイエットをするときは常備しておくとよいでしょう。経口補水液は薬局などで、販売されています。

めまいがおこったらブドウ糖を摂取

脂肪燃焼スープダイエットをしていて、めまいを起こすことがあります。これは糖分不足による可能性がありますので、糖分を補給するとよいでしょう。

糖分の中でも吸収がよいのはブドウ糖です。めまいが起こったときは、ブドウ糖を摂取するようにしましょう。ブドウ糖は薬局などで販売されていますので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

脂肪燃焼スープで痩せない理由

生理前で水分を貯め込みやすい時期だった

脂肪燃焼スープダイエットを行うには、適している時期があります。脂肪燃焼スープダイエットはデトックス効果に期待をするダイエット方法なので、水分をため込みやすい生理前などに行っても、効果が得られにくい場合があります。

生理前はあまり無理をしない方がよい時期でもあるため、整理が終わった後に始めるとよいでしょう。

糖分の含まれた飲料やお菓子を食べていた

脂肪燃焼スープの効果を出ず楽する理由の一つとして、糖分の含まれた飲料やお菓子などを食べていた場合があります。

摂取カロリーが高い間食をすることで、どうしても太りやすくなるため、脂肪燃焼スープダイエットの効果が出にくくなってしまいます。糖分はデトックス作用も阻害しやすいので、とりすぎないようにしましょう。

スープをあまり食べなかった

脂肪燃焼スープダイエットの失敗理由として、脂肪燃焼スープをあまり食べていないことがあげられます。脂肪燃焼スープは食べることによって脂肪燃焼を促すスープですので、食べる量が少ないと効果が得られなくなってしまいます。

脂肪燃焼スープダイエットをするときは、脂肪燃焼スープを一定量以上、しっかりと食べるようにしましょう。

カロリーの高い野菜をスープに入れた

脂肪燃焼スープにカロリーの高い野菜を入れすぎると、脂肪燃焼スープダイエットの効果が得られにくくなることがあります。カロリーが高い野菜は主に根菜類で、その逆に葉物野菜などはカロリーが低い傾向にあります。

特にセロリはマイナスカロリーの野菜といわれ、食べれば食べるほど痩せるといわれているので、おすすめです。

回復食を食べる期間を設けなかった

脂肪燃焼スープダイエットには、回復食を食べる期間が必要です。脂肪燃焼スープを食べた後に、胃腸に負担をかけない回復食を食べることで、リバウンドを防ぎ、脂肪燃焼スープダイエットを成功に導きます。

回復食を食べる期間は省かずに、必ず設けるようにしましょう。ここで、普通の食事を食べてしまうと、脂肪燃焼スープダイエットが失敗しやすいので、注意しましょう。

ダイエット終了後の回復食のポイント

回復日数は7日間必要

脂肪燃焼スープダイエットの後の回復食の期間は、7日間必要です。この期間は脂っこい食事や糖分の多いものは避け、ミネラルの多い消化にいいものを食べるようにしましょう。

野菜を多めにとるのもポイントですが、玄米や雑穀をとるようにすると、脂肪燃焼スープダイエットが成功しやすいと言われています。

回復食と一緒にスープを食べてもOK

脂肪燃焼スープは回復食と一緒に食べてもOKです。むしろ、ダイエット効果が持続しやすくなりますのでおすすめの方法です。

脂肪燃焼スープダイエットを日常の食事に取り入れることも、ダイエット効果を持続させやすくなるため、お勧めの方法です。脂肪燃焼スープはダイエットだけではなく、栄養面でも優れているので、ぜひ、継続して食べるようにしましょう。

塩分を控えめにする

脂肪燃焼スープダイエットの回復食は、塩分を控えめにするようにしてください。塩分が多すぎると、脂肪燃焼スープのダイエット効果が薄れてしまうこともあります。塩分は水分をため込みやすくし、むくみの原因にもなります。

塩分は日ごろから控えめにし、味が足りないときは出汁を足すようにするなどすると、ダイエットにも健康にもよいでしょう。

量は普段の半分程度にとどめる

回復食は食べすぎないようにしましょう。脂肪燃焼スープダイエット後に急激に食べると、リバウンドを引き起こす原因となってしまいます。

満腹まで食べないようにし、普段の半分くらいの量でとどめておくようにすると、ダイエットの効果を得られやすくなります。よく噛んで食べ、満腹感を得られるように工夫しましょう。

玄米のおかゆなど消化のいいものを食べる

回復食には玄米がおすすめです。玄米はミネラルや食物繊維が豊富で、白米よりも栄養面で優れています。中でもおかゆにするのが消化も良く、回復食にぴったりです。

おかゆにすることで、やや硬い玄米が柔らかく、食べやすくなり、玄米が苦手な人でも抵抗が少なくなります。他にもリゾットにするなど、工夫して食べるようにしましょう。

よく噛んでゆっくり食べる

回復食はよく噛んで、ゆっくり食べるようにしましょう。よく噛むことで満足感が増し、満腹感が得られやすくなります。その結果、少量でも満足できるようになり、大食いを防ぐことができます。どうしてもおなかがすいてしまうときは、シュガーレスのガムをかむなどして、工夫して回復期を乗り越えましょう。

リバウンドをしない

食事制限を伴うダイエットは、リバウンドをしやすいのが弱点です。回復食を省略したり、回復期に糖分や塩分、脂肪分の多いものを食べると、リバウンドしやすくなりますので、注意しましょう。

リバウンドしないためには、脂肪燃焼スープダイエットのルールをよく守って、しっかりとダイエットを完遂させることが大切です。

スープダイエットの成功率を高める方法

長期休暇や予定のない時期に実施する

脂肪燃焼スープダイエットは長期休暇の時期など、他の予定に邪魔されない時期に実施するようにしましょう。忘年会シーズンなどに行おうとしても、急な誘いが入って、なかなか思い通りに脂肪燃焼スープダイエットを行えないこともありえます。

なるべくダイエットに集中できる時期を選んで行い、回復期もしっかりと設けられるようにしましょう。

入浴で発汗を促す

脂肪燃焼スープダイエットの期間中は、体を冷やさないように注意しましょう。入浴で発汗を促すなどして、さらにデトックス効果を高める工夫をすると、より高いダイエット効果が期待できます。

汗を流すことで老廃物を外に出すことができますので、入浴による発汗は、脂肪燃焼スープダイエットと非常に相性がよいといえます。

水分は温かいものか常温で飲む

体を冷やさないようにするためには、水分のとり方も重要です。冷たい水を飲むと、体を冷やすことがありますので、水は温かくした白湯か、常温の水を飲むようにしましょう。

水分補給は重要ですので、なるべくたくさんの水を、体を冷やさないように注意しながら飲むようにしましょう。

有酸素運動や筋トレも行う

脂肪燃焼スープダイエットと並行して、有酸素運動や筋トレも行うようにするとよいでしょう。有酸素運動はジョギングなどを、軽く汗をかくまで行うとよいでしょう。

筋トレも、筋肉をつけることで、代謝を上げることができますので、非常におすすめです。脂肪燃焼スープダイエットと運動は相性がよいので、ぜひ並行して行うとよいでしょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ダイエットには有酸素運動がおすすめ。効果アップの方法や注意点も 

プロテインでたんぱく質を補給

脂肪燃焼スープにはあまりたんぱく質が含まれていません。このため、運動しても筋肉がつきにくくなる可能性があるので、プロテインでたんぱく質を補給するようにするとよいでしょう。

プロテインは効率よく筋肉をつける際には便利ですが、とりすぎると太ることもあります。とりすぎには注意しましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
実は糖質制限中にこそ摂りたいプロテイン。タンパク質をしっかり補給 

脂肪燃焼系のサプリを飲む

脂肪燃焼系のサプリメントを飲むのも、おすすめの方法です。脂肪燃焼系のサプリメントはダイエットをサポートしてくれます。

サプリメントは薬局などで販売されていますので、自分に合ったものを選んで、適量を使用するようにしましょう。うまくダイエットをサポートしてくれるものを見つけるようにしましょう。

脂肪燃焼スープの効果を高めるサプリ

キュッとCUTTO プロシア8

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10107163/top

自然由来原料にこだわった、ダイエットサポートサプリメントです。飲みやすい錠剤タイプで、りんご由来プロシアニジンB2とオレアノール酸を日本初配合。肥満気味の女性の体重・BMI、ウエスト周囲径を減らすのを助ける作用があります。脂肪や糖分過多の食生活をサポートします。

リブ・ラボラトリーズ チュアカット レモン

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10127896/top

水なしでかんで食べられるタブレットタイプの栄養補助食品です。水がいらないので、場所を選ばずサプリメントをとれます。シクロデキストリンをメインに酵母ペプチド、乳酸菌を配合し、よく食べるタイプのダイエットをサポートしてくれます。味は食べやすいレモン味です。

DHC ニュースリム

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/266330/top

DHCで人気のサプリメントの一つです。肥満のもととなる糖・脂肪・塩分・水分の吸収をおさえて、ウェイトコントロールしてくれます。ビタミンB群が加わったことにより、より効率的にダイエットをサポートしてくれる、成分になっています。

ベジエ プロテイン酵素 ダイエット

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10112357/top

酵素と植物性プロテイン配合のサプリメントです。植物性プロテインは脂肪分が少なく、引き締まった身体作りをサポートしてくれます。大豆プロテイン&ヘンププロテインを使用。また、酵素は消化吸収の手助けをしてくれますので、筋トレをしつつ、食べるダイエットを行う際におすすめの商品です。

ネイチャーメイド Lカルニチン

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/2911407/top

ネイチャーメイドのタブレットタイプのサプリメントです。肉類や揚げ物が好きな方におすすめする、脂肪の燃焼をサポートしてくれるタイプのサプリメントで、運動を並行して行うことで、効果が高まります。筋トレや有酸素運動を行うダイエットに向いています。

燃焼スープを食べて体重を維持しよう

脂肪燃焼スープダイエットは短期間で痩せたい人におすすめのダイエットです。目標を持って痩せたい時に、ぜひ挑戦してみてください。

また、少し太ってしまったときに、元の体重に戻したい、または今の体重をキープしたいなどというときにもよいでしょう。

また、脂肪燃焼スープは日常の食事に取り入れてもよいです。好みの味付けを試して、食べやすいように工夫し、健康的に綺麗に痩せましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル