まぶたが黒いのはどうすれば良い?原因とケア方法を学ぼう

まぶたが黒いのはどうすれば良い?原因とケア方法を学ぼう

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

最近化粧するたびになんとなく気になるまぶたの黒ずみ。昔はなかったのに、少しずつ悪化してきていてどうすれば良いのかわからない…という方はまずは原因を知りましょう。正しい原因を知ることで着実なケア方法につなげることができますよ。

まぶたの黒ズミの原因

クレンジングによる摩擦

クレンジングの際にポイントメイクとファンデーションを同時に落としていると、ついつい強くこすってしまいがち。目元の皮膚は他の部位に比べて非常に薄いので、軽い摩擦でもダメージを受けやすい上に毎日のことなので蓄積していきます。こする際に発生するメラニン色素が、肌の黒ずみの原因になっていきます。

メイクの落とし残し

目の際に入り込んだアイライナーや落ちきらなかったマスカラは、目周りに色素沈着していくことも。メイク顔料そのものが沈着するわけではなく、古いメイクアップが酸化することによって発生した活性酸素が黒ずみの原因です。活性酸素はメラノサイトを刺激することで、メラニンをどんどんとつくってしまいます。

スクラブ入り洗顔やブラシでまぶたを刺激

肌がツルツルになるからといって、やみつきになってしまうこともあるスクラブ入り洗顔。どれだけ優しくやっているつもりでも、スクラブで目周りを刺激していると確実にダメージは蓄積していきます。メラニンは突然発生するものではなく日々の積み重ねが原因のため、症状が表面化するまで自覚し辛いという点で非常に厄介です。

デリケートなまぶたへの過度なケア

むくみとりのための目周りマッサージ、アイクリームをごしごし塗る、アイプチやメザイクなどデリケートなまぶたへの過度な負担を与えることは、知らず知らずのうちにまぶたを黒ずませることに。悲しいですが、良かれと思ってやっているケアが蓄積することで、ダメージがいつしか目に見えるようになって表れてきます。

目を無意識のうちにこする

アレルギー体質の方はもちろん、疲れたときに目をごしごしとこする癖があるかたは要注意です。こちらも蓄積することによって、メラニン色素がどんどん作られて黒ずんでしまいます。長年の癖になると、なかなか抜けないので本当に厄介です。

まぶたへの摩擦はメラニン色素を増やす

スキンケアでもメイクでも、とにかくまぶたへの摩擦がメラニン色素の生成をどんどん活性化させてしまいます。小さな刺激を一度与えるならまだしも、多くの行動が毎日毎日繰り返されている場合が多いのです。何より短期間ではなかなかダメージに気づかないので、目に見えるまで続けてしまうのが怖いところです。

付けまつげ接着剤やマツエクが合ってないことも

まつげを長く見せるための付けまつ毛接着剤やまつげエクステ。つける際のまぶたへの刺激はメラニン色素を作り出していたり、接着剤があっていないことでまぶたへの負担に。メイクの仕上がりがよくなったり、手間が省けるのでなかなかやめられないのが辛いですね。

アイシャドウをごしごし重ね塗り

メイクの際にアイシャドウを塗っている方は多いですよね。時短になるからといって、チップや指でササッと雑に塗っている方は要注意。発色をよくするためについつい強く塗ってしまいがちですが、まぶたの皮膚は本当に薄いので繰り返せば繰り返すほどまぶたを黒ずませてしまいます。

ビューラーによる上まぶたの黒ズミ

盲点なのがビューラーをかける際のまぶたへの刺激。マスカラを塗る際にはビューラーを使う方が多いと思いますが、自分の目の形状に合わないビューラーを使っている場合やカール時に間違ってまぶたを挟んでいたり、まつげの根元ギリギリまで挟むなどの習慣を続けていると目周りの負担になっていきます。

放置していると最後は茶クマに

一時的なものだろうと放置していた黒ずみは、最終的には茶クマとなってなかなかとれなくなります。目元に残った化粧品の酸化や、摩擦が引き起こす肌のバリア機能の低下や乾燥によってどんどん敏感な状態に。ある程度蓄積して起こったダメージなので、ちょっとやそっとのケアでは改善しない点が本当に厄介です。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
クマを消す効果的な方法は?寝不足だけじゃない青・茶・黒のサイン 

まぶたに優しいクレンジング方法

マスカラを落とす方法

マスカラを落とすときは、マスカラ専用リムーバーを使用するのがおすすめ。メイクを落とす度に使うのは面倒だと感じるかもしれませんが、実は使ったときの方がメイク落としが非常に効率的になります。難なく落ちてくれるので、まつ毛やまぶたをゴシゴシする必要もなく目元への負担を軽減してくれます。

使用方法はメイク落としの前に、マスカラを塗る感覚でリムーバーを塗るだけ。習慣にしてしまえば手間にも感じず目元への負担も減ると良いことづくめなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

アイメイクを落とす方法

アイメイクを落とす際も、ポイントメイク専用のリムーバーを使用しましょう。ファンデーションなど顔のメイクを落とすと同時に、オフする方法はあまりおすすめできません。目元のメイクはウォータープルーフの場合があり、他の部位より落ちにくいのです。したがって、あらかじめ部分的に落としておくことが大事になってきます。

アイメイクをオフするときはたっぷりのリムーバーをコットンに染み込ませて、そっと目元にのせます。アイメイクとリムーバーをしっかりと馴染ませることができたら、擦らないようにそっと拭いましょう。

キャリアオイルがオススメ

アイメイクをオフするのにキャリアオイルを使うのもおすすめ。キャリアオイルとはオリーブオイルやホホバオイルなど植物から抽出されたオイルのことです。コットンに適量を染み込ませて、目元にそっとのせます。キャリアオイルなので目元のメイクにみるみる馴染んで、簡単に落とすことができます。

まつ毛の際に入り込んだアイラインやシャドウは、キャリアオイルを染み込ませた綿棒を使うのがおすすめ。こする範囲も限りなく小さくできるので、目元へのダメージを抑えることができますよ。

黒ズミを抑える正しいアイケア

ターンオーバーを整えてメラニンを排出

目元が黒ずんでしまうのは、メラニンが蓄積されてしまっているから。肌の生まれ変わりであるターンオーバーをしっかりと整えてあげれば、溜まったメラニンのスムーズな排出へと導き、くすみのない肌にすることができます。

ターンオーバーを整えるためには、しっかりと正しいスキンケアを行うことが重要になってきます。基本を忠実に、たまにスペシャルケアを行うことで肌の調子を支えていきましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
美肌のもとは「ターンオーバー」。肌の再生機能を助けるケア方法 

たっぷりと保湿

基本のスキンケアで最も重要になってくるのは保湿。きちんと保湿された肌は均一に潤いキメが整い、レフ板のように綺麗に光を反射し黒ずみ肌も綺麗に見えます。保湿の際に使う化粧水やクリームは値段関係なく自分に合ったものを惜しみなく使用しましょう。

コットンを使って丁寧に化粧水をパッティングすると、肌がもちもちと内側から潤っている感覚が得られます。水分をしっかりと入れ込んだあとは、クリームをつかって薄い油膜を肌に張ってあげてください。蓋の役割を果たしてくれます。

顔のピーリング

肌のごわつきを感じたり、硬くなっていると感じるときはターンオーバーが滞っている状態です。適度にピーリングをしてあげることによって、肌の生まれ変わりをサポートしてあげましょう。肌を傷つけにくいソフトジェルピーリングがおすすめ。

過度なピーリングはターンオーバーを促進させすぎて、いわゆる「ビニール肌」へとなってしまうこともあります。ゴワつきが気になる方でも週に1,2回にとどめておきましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ピーリングで肌のさまざまなトラブル解決。美しい肌へを手に入れよう 

油分の多い乳液などでやさしくマッサージ

硬くなってゴワゴワした肌を和らげてくれるのがたっぷりの乳液を使ったマッサージ。角質柔軟作用のある成分を含んだ乳液を使用することをおすすめします。

乳液マッサージは湯船で肌が柔らかくなっているときに行うと気持ち良いです。お気に入りの乳液をたっぷりの量を手のひらにとり、全顔にくるくると馴染ませていきます。優しくマッサージしたあとはしばらく置いて、オフするときは水や化粧水を染み込ませたコットンを使って優しく行いましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
「目のクママッサージ」顔の印象を明るく美しく保ちましょう 

シミ用の美白商品でケア

メラニンの生成を抑制する成分が含まれた美白化粧品を使うと、肌が黒ずみにくい状態へと導いてくれます。そもそも肌が黒ずんでしまうのは、摩擦や刺激によって黒色メラニンが生成されてしまうから。これらの発生を抑えることで、くすむのを防ぐことができます。

美白成分にはプラセンタ、アルブチンなど多く存在します。人によってはピリピリと刺激に感じることもあるようなので、必ず自分に合ったものを使用しましょう。

日常生活での紫外線対策

紫外線を浴びるとメラニンが生成されてシミなどの原因になるということですが、日常生活でのちょっとした太陽の光を浴びる場合も意識して紫外線対策してみましょう。例えば、ゴミ出しや洗濯物を干す時などです。日常使いの日焼け止めのSPFは20~30程度あれば十分。日傘や帽子も併用すると完璧です。

毎回日焼け止めを塗るのが面倒だという場合は、日焼け止めサプリでインナーケアを始めると良いでしょう。サプリならば目から入ってくる紫外線や頭皮の紫外線に対しても対策を行うことができます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
日焼け止めが冬でも必要な理由とは?紫外線対策している方は必見。 

美顔器で血行を促す

温熱効果のある美顔器を使って、肌をやさしくマッサージすることで血行を促すケアもおすすめです。血行を促進することで、血の巡りがよくなり肌のこまかいところまで栄養が行き届きます。また、代謝がスムーズになることで、同時にターンオーバーを良好にすることができます。

美顔器にはさまざまな種類のものが販売されています。どれを買って良いかわからないという場合はネットでさまざまな情報を吟味したうえで買うと失敗が少ないですよ。

ビタミンCでメラニン生成を抑える

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。ビタミンC含有の化粧品を使った外側のケアはもちろん、食事やサプリなど内側から摂取すると完璧です。

アイメイク専用クレンジングを使ってメイクオフ時にも、メラニンが生成されないように目元をいたわることも大切ですが、保湿の段階でメラニンの生成を抑える成分を塗布することでダブルで対策をすることができます。

黒ズミとは違う健康バロメーター”クマ”

血行不良による”赤クマ”

赤クマはクマの中でも比較的軽度なものと言われています。目の下が少し赤く、腫れているように見えるのが特徴です。原因は血行不良によるもので、軽く血管がつまったり目下の筋肉が腫れ上がることで赤みが透けてしまっています。

血行不良の初期状態といえも、放置するとたるみに繋がるなど深刻化する場合も。赤クマを発見した時から即座にケアにとりかかることが大切です。

ストレスや酷使による”青クマ”

青クマは目の下がうっすらと青くなっていて、顔色が悪く見えるのが特徴です。長時間のPC作業による目の酷使によって、目元まわりの血行がうっ滞しているせいで青く見えています。ストレスや寝不足、過労が原因になっていることもあります。

色白の方だと特に目立ちやすく、顔色が悪く見られがちです。原因をしっかりと見つめて、きちんと対策を行うことが重要になってきます。

色素沈着やくすみによる”茶クマ”

目の下はもちろん、目の上まで全体てきに茶ぐすみしているのが茶グマです。茶グマは主に色素沈着が原因で、紫外線の影響やメイクオフ時の摩擦などメラニンの生成が誘発されるの蓄積されることで表面化します。

血行不良が原因ではないので、ターンオーバーを促進させメラニンの排出を促すケアが必要になってきます。目周りは皮膚が薄く敏感なので、化粧品を塗る際にあまり刺激が強いものは使用できません。

たるみによる”黒クマ”

目の下の脂肪が突出し、影になって見えるのが黒クマ。加齢によって眼球周りを支える筋肉がゆるみ、脂肪が突出してしまうことが原因です。生まれながらの骨格や脂肪のつき方が原因となっている場合もあります。

加齢や骨格の問題もあるので、なかなかケアしにくいのが現状。しかし、冷え性による血行不良や紫外線によるメラニン生成などによって更に悪化して見えるので、基本的なケアを行うことが大切です。

生活習慣が血行不良を招いている

目の周りはコンディションが出やすい

目の周りの皮膚は卵の薄皮ほどの厚さと言われており、ちょっとした刺激や疲れなど生活習慣の影響がすぐに出てしまいます。また、目はメイクやクレンジング、無意識の癖など日常的にどうしても触ることが多い部位。しっかりと意識して、自分の習慣を改革していく必要があります。

睡眠不足による血行不良

睡眠が健康や美容に良いということは周知の事実ですが、分かっていても忙しい現代人はなかなか十分な睡眠をとることができません。十分な睡眠時間を得ても疲れが取れない場合は、質が悪い睡眠になっている可能性も。

睡眠不足は血行不良に繋がります。睡眠中は血管が膨張し血液の流れが良好になるのですが、睡眠不足の場合は血管が収縮しがちになるからです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
安眠グッズを使えば、なかなか眠れない夜もぐっすり! 

スマホやパソコンが原因

もはや生活の一部になっている、スマホや仕事におけるパソコン作業は血行不良を招く原因の1つ。例えば、椅子に座りながらのパソコンは長時間同じ姿勢をとっているせいで、下半身が圧迫され血液の流れがうっ滞しています。また、目を長時間酷使していることは、目周りの筋肉の緊張状態を持続させ血行不良に繋がります。

まぶたの黒ずみが病気のサインとなっていることも

臓器機能が低下している場合に生じる黒ずみ

アルコールの過剰摂取や生活習慣の乱れにより臓器機能が低下し、血液を浄化する役割が弱まっていると血が黒くなってしまいます。黒ずんだ血液が、目周りが黒く見える原因となっている可能性もあります。気になる方は採血や尿検査で確認することができます。

自律神経の乱れから生じる黒ずみ

自律神経の正常な働きが乱れることによって、血液の流れにも影響してしまいます。血行不良に伴い目周りや口周りが黒ずんで見えることも。ストレスが原因となる自律神経失調症などのうつ状態が改善されていくうちに、自然に顔色も改善していきます。

目のたるみによってできるクマ

ハリ弾力の低下でクマができる

年を重ねるごとにどうしても減少してしまうコラーゲン。コラーゲンは肌のハリを支える要になっていますが、減少することによって肌がたるんできます。

また、目周りの筋肉も加齢とともに弛緩し皮膚を支える力がなくなることで、たるんできます。たるみができると、同時に「影」もできてしまいます。これが加齢に伴って表れるクマです。

アイプチやアイテープは要注意

アイプチやアイテープを使っている人の多くは、毎日常用している方が多いでしょう。毎日まぶたを引っ張るという行為を繰り返すことで、皮膚が伸びてしまいたるんだ状態に。目の上の皮膚が伸びてたるむことによって、目周りに影ができたり老けた印象になってしまいます。

コラーゲンがハリを促進させる

コラーゲンは人体の皮膚においては真皮と呼ばれる表皮の奥に存在しています。非常に弾力が高く、皮膚の基底となってハリを支えてくれています。つまり、コラーゲンの生成を増やすことで肌のハリを高めることができます。

「プロリン」と「リジン」というアミノ酸がコラーゲンの生成には欠かせません。プロリン、リジンを多く含む食材は豚肉や鳥胸肉、大豆製品、乳製品、ゼラチン等です。

緊急時のくぼみ解消メイク

ハリがなくしぼんだ肌には、膨張色を使って肌をふっくらと見せることが効果的です。膨張色はオレンジ、ピンクなど。目の上のくぼみが気になる時はアイシャドウを使って、目の下のくぼみが気になる時はコントロールカラーを叩き込んだりチークを上側に入れてみましょう。

クマ解消方法

血流をよくする蒸しタオル

目元の血行不良をよくするためには蒸しタオルがおすすめ。蒸しタオルは清潔なタオルを湿らせ、軽く絞って電子レンジで1分ほどチンするとできあがります。

作りたては非常に熱く、火傷の恐れや皮膚の乾燥を招く可能性があるので、少し冷ましてから目の上にのせましょう。お気に入りのアロマオイルを1滴たらせば更にリラックスできます。

お手軽な運動

軽い運動をすることで全身の血管が膨張し、血流をよくすることができます。忙しい現代人ほど、家での軽いエクササイズを取り入れることがおすすめ。スクワットや体幹エクササイズなどは手軽に自宅でも行えるためおすすめです。運動することで体が疲れぐっすりと眠ることにも繋がりますよ。

サプリメントの摂取

カシスやブルーベリーアイ系、ビタミン、コエンザイムQ10などのサプリメントは目の疲れに良いと言われています。野菜やフルーツ、肉や魚などの食事からとるのが理想的ですが、どうしても日常で補えない部分はサプリメントに頼れば良いのです。

眼輪筋のトレーニング

1.ツボ押し

両手の人差し指を眉間に軽くあてます。適度な力を加えてツボに刺激を与えましょう。

2.目まわりの皮膚を引っぱる

人差し指で眉間の皮膚を軽く引き上げるように抑えます。親指で目尻を軽く抑えます。

3.下まぶたを鍛える

下まぶたの筋肉を意識して力を入れます。これを10回繰り返しましょう。

4.上まぶたを鍛える

目を閉じて上まぶたの筋肉を意識しながら力を入れる作業を30~40秒行いましょう。1~4で1セットになり、朝と晩に1セットずつ行いましょう。

リンパマッサージで顔全体の血行を促進

顔のリンパを流すマッサージは顔全体の血行を促進させることができます。リンパは目周り、眉上、小鼻脇などに存在します。手でやる場合はたっぷりとクリームやジェルを使って、カッサなどのマッサージ器具を使うと簡単にツボ押しすることができますよ。

栄養たっぷりの食事

美肌の基本はやっぱり「栄養」。健康的な食事習慣を続けていると、自然に肌ツヤもよくなりくすみの減少に繋がることも。鉄分やビタミンやアンチエイジングにおいても非常に重要な役割を果たす栄養なので、意識して摂取しましょう。

美しい目元のためには正しい生活習慣と優しいケアを

目元は一度黒ずんでしまうとなかなか改善しない頑固な悩み。だからといって諦めずに、正しい知識と優しいケアによって着実に改善へのアプローチを行うことが大切です。イキイキとしたハリのある美しい目元を手に入れることができれば、さらに毎日のメイクを楽しむことができますよ。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル