エイジングケアシャンプーで頭皮ケア。年齢による髪の悩みを解決

エイジングケアシャンプーで頭皮ケア。年齢による髪の悩みを解決

2017.09.04 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

最近、髪のハリやコシ、ボリュームがなくなってきたような気がする、髪を若々しくさせたいけど何をすればいいか分からない。そんな方には、エイジングケアシャンプーがおすすめです。年令のせいだと諦めてしまわずに、若々しい髪を手に入れましょう。

年齢とともに髪が変化する原因

エストロゲンが減少するから

エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で髪の毛の成長を促したり、髪の毛の生長期間を持続させる働きがあります。また、コラーゲンの生成を促す働きもあり、髪のハリやツヤにも関わっています。

エストロゲンの分泌は20~30代がピークで、50代になると急激に減少することが分かっています。

頭皮自体を支える力が弱くなっているから

エストロゲンが減少すると、コラーゲンの生成も減少してしまいます。すると、コラーゲンの減少により、頭皮を支える力が弱くなってしまいます。支えが弱くなった頭皮は、頭蓋骨と頭皮自体の重みで血管を圧迫してしまうのです。

頭皮との弾力も失われ、元気な髪が生えてくることができず、細々とした弱った髪が生える原因になります。

血行が悪くなり髪が弱々しくなるから

頭皮の重みによって血管が圧迫されると、頭皮が毛根を押しつぶしてしまい、生えてくる髪が変化します。また血行不良が起こり、髪をつくる毛母細胞まで栄養が十分に行き届かなくなってしまい、ハリ、コシのない弱々しい髪になってしまいます。

紫外線が頭皮に影響を与えているから

紫外線はシミやシワの原因になることはよく知られていますが、実は頭皮にも影響を与えているのです。光老化といって紫外線が頭皮の奥まで入り込み、細胞を壊してしまうことで年齢に関係なく頭皮を老化させてしまうことがあります。紫外線による肌へのダメージを、頭皮も同じく受けているということです。

頭皮が乾燥してしまっているから

頭皮は髪の土台です。植物が根から水分や栄養を吸収して育つように、髪も頭皮から水分や栄養を吸収しています。その土台が乾燥してしまっていては、髪の先まで栄養が行き届かず、パサつきや枝毛、切れ毛の原因となってしまいます。いま生えている髪だけでなく、新しく生えてくる髪も弱々しくなってしまうのです。

髪の生え変わる力が弱まっているから

髪の生え変わりにはサイクルがあります。成長期、休止期、退行期という3つの期間がくりかえされています。そのサイクルでは、ほとんどが成長期で休止期と退行期はわずかな期間です。

成長期は太く長く健康な髪を生やすことのできる大切な期間です。このサイクルが生活上のさまざまな原因で乱れてしまうと、髪の生え変わる力が弱まり、量もボリュームも少ない、元気のない髪になってしまいます。

出産後のホルモンバランスの乱れ

産後の抜け毛や薄毛は、経産婦の約7割が経験しているといわれています。妊娠中に増えた女性ホルモンが、出産後急激に減り抜け毛や薄毛が起こります。

また、慣れない育児でのストレスや生活リズムの乱れもホルモンバランスを崩してしまい、抜け毛などに影響してしまいます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
エストロゲンの作用。ホルモンの増減による体の変調や、妊娠について 

エイジングケアができるおすすめシャンプー

haru 黒髪スカルプ・プロ

haru 黒髪スカルプ・プロは、22種類ものエイジングケア成分を配合しています。年齢を重ねた女性の乱れがちな頭皮環境を、100%天然植物由来成分でやさしく整えます。

オリーブやオレンジなどの天然の精油で補修しながらコーティングしてくれるのでノンシリコンシャンプーにありがちなキシみ、パサつきもなく毛先までするっとまとまります。コンディショナーやリンスも必要ありません。

花王 セグレタ ふっくらボリュームシャンプー

セグレタのふっくらボリュームシャンプーは、年齢とともにボリュームやハリが失われがちな髪でお悩みの方におすすめです。髪と地肌の美容成分が配合されており、ツヤと水分をしっかり与えてくれます。細く弱った髪1本1本にハリとコシを与えて、ふっくらとしたシルエットを作りやすい髪にしてくれます。

無印良品 エイジングケアシャンプー

無印良品のエイジングケアシャンプーは、弱酸性で頭皮にやさしく低刺激なのに洗浄力もしっかりとしていて、10種類の美髪成分を含むシャンプーです。エイジングによる乾燥や、カラーによるダメージをケアしてハリとコシのある髪にしてくれます。

アンファー スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム

女性特有の髪や頭皮の悩み、女性ホルモンのバランスに着目し、考えられたシャンプーです。国産大豆を3種類ブレンドしじっくり発酵させた、イソフラボンの含有率の高いソイセラムで、頭皮から健やかで美しい髪へ。

アミノ酸系の濃密な泡で潤いを守りながら、しっかり洗浄します。細くなってしまった髪を外側からケアし、ボリューム豊かな髪へと導きます。

ASTALIFT スカルプフォーカス シャンプー

ASTALIFT スカルプフォーカスシャンプーは、ヒト型ナノヘアセラミドという、ハリコシを与える独自成分を配合しています。もう1つ、ナノグリチルレチン酸といって頭皮に高浸透し毛髪を美しく整える成分も配合されています。アミノ酸系のシャンプーで、皮脂・汚れをやさしく落とし指通りのよい洗い上がりです。

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸シャンプー

モーガンズの商品は、洗い上げることにこだわりをもち、髪や肌にダメージが蓄積しやすいものは使わずに優しい天然成分を配合しています。

ノンシリコンなのに泡立ちもよく、洗髪後の泡をそのまま1分間置くという泡パックは落としきれない頭皮や髪の汚れを浮き上がらせます。頭皮環境を整えて、ふんわりボリューム感のある髪に導きます。

ラサーナ 海藻海泥シャンプー

ラサーナ 海藻海泥シャンプーは、海泥の力で頭皮の毛穴の汚れを吸着し、取り除きます。自然の力なので肌への負担が少なく、しっかりと洗い上げることができます。

世界中で最もミネラル濃度が高いとされているフランス、ブルターニュの海域で産出された海藻エキスはアミノ酸やミネラルを豊富に含んでいるので、保湿効果やキューティクルの保護効果も優れています。

POLA フォルム シャンプー

POLA フォルムシャンプーは、ノンシリコンなのに泡立ちがよく、きめ細やかな泡でなめらかな洗い上がりのスキンケア発想で開発されたシャンプーです。

植物由来成分配合で、まとまりやすい素直な髪へと導きます。POLAが長年、大人の女性のカラダや肌の変化に向き合い、肌だけでなく頭皮や髪に対してもその研究技術をと、開発された商品です。まさに大人の女性のためのエイジングケアシャンプーです。

正しいシャンプーの仕方

シャンプーの前に必ずブラッシング

ブラッシングは、髪のからまりをほぐして抜け毛や汚れを取り除く効果、皮脂を髪全体に行き渡らせつややかで潤いのある髪にする効果、頭皮に適度な刺激を与えるマッサージ効果があります。

シャンプーの前に行うことで、ホコリやフケを落とすので洗浄効果がアップします。注意することは、素早くブラシを動かさないこと。摩擦でキューティクルをいためたり、切れ毛の原因になります。上から下へやさしく全体をブラッシングしましょう。

素洗いを1分ほどする

ブラッシングで大まかな汚れを取り除き、そのあとにするのが素洗いです。ぬるま湯で1分ほど洗うと、髪の表面についたほとんどの汚れはここで落ちます。素洗いをするだけで、そのあとのシャンプーの泡立ちも変わってきます。

熱すぎるお湯で素洗いしてしまうと、頭皮の乾燥の原因になるので注意が必要です。指の腹で軽くマッサージするように丁寧に素洗いしましょう。

シャンプーは手のひらで泡立てる

シャンプーをボトルから出したらそのまま頭皮につけていませんか?泡立てずに地肌につけてしまうと、シャンプー剤が頭皮に残ってしまうことがあります。

地肌につけず手の平でしっかりと泡立てて洗うことで、洗い流しやすくなりますし、泡が頭皮や髪全体に行き渡りやすくもなります。

優しくもむように洗う

洗うときは、指の腹を使って頭皮をマッサージするようにやさしく洗います。しっかり泡立っているととても気持ちいいですよね。ここで、ガシガシと爪を立てて頭皮をかかないようにしましょう。頭皮や髪の表面に傷がついてしまいます。

たくさんの泡でやさしく、もむように洗うことで、頭皮の血行促進にも繋がるので意識してみましょう。

泡立ちが悪いときは一度流してから

ワックスやオイル、スプレーなどの整髪料を使っている場合は、素洗いでは落ちずに泡立ちが悪くなってしまうことがあります。そんなとき、泡立っていないまま無理に洗ってしまうと、髪への負担になってしまうので一度流してからもう一度泡立てるようにしましょう。

いつも泡立たないという方はあらかじめ少なめのシャンプーで整髪料を落とし、2回目でしっかり洗うという習慣にしてもよいでしょう。

ぬるま湯でしっかりと流す

最後は、ぬるま湯でしっかりと流します。シャンプーがしっかり流せていないと、毛穴の詰まりやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こします。

また、お湯が熱すぎると頭皮の必要な皮脂まで取り除いてしまったり、頭皮の乾燥の原因にもなりますので、ぬるま湯でしっかり流すようにしましょう。

コンディショナーやリンスは中間から毛先につける

シャンプーの後に、コンディショナーやリンスをする方は中間から毛先につけるようにしましょう。根元の髪は、生えてきたばかりでダメージが少なく、一番健康な髪です。

根元にコンディショナーやリンスをつけてしまうと、頭皮の毛穴の詰まりの原因になったり、油っぽい頭皮になってしまいます。また、フケやかゆみの原因にもなるので要注意です。

お風呂上りは必ずしっかりと乾かす

お風呂上がりの濡れた髪をそのまま放置してしまうと、頭皮が冷えて血行が悪くなってしまいます。生乾きのままで置いておくと、雑菌やカビの繁殖を引き起こし、かゆみやフケ、嫌なにおいの原因にもなります。

また、濡れた髪はキューティクルが開いている状態なので、ダメージも受けやすいのでしっかりと乾かすことを心がけましょう。

若々しい髪にする方法はこれ

頭の全体を掴んでマッサージ

頭皮のマッサージは、指通りが滑らかでないとできません。そのため、シャンプーのときにマッサージを行うことをおすすめします。両手の指の腹を頭皮にしっかり密着させ、頭を掴むようにしてマッサージします。このとき、爪を立てないように注意してください。

マッサージすることで、頭皮の血行を良くし健康で若々しい頭皮を保つことが出来ます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
頭皮マッサージでさまざまな悩みが解決される。健康的な美しさへ 

週に一度はシャンプー前にオイルマッサージ

シャンプー前のオイルマッサージは、頭皮の血行を良くし、日々のシャンプーで落としきれていない汚れを浮かす効果があります。使用するオイルは、スキャルプオイルや頭皮マッサージオイルと表記されているものを使いましょう。

頭皮の皮脂を溶かすイメージで、指の腹で少し押しながらもむようにマッサージします。前髪なら頭頂部へ後ろに向かって、後頭部なら下から上に向かって、というように髪の流れに逆らってマッサージすることで血行が促進されます。

毎日ブラッシングをする

ブラッシングでフケやホコリ、髪に付着した汚れを取り除くことができます。そうすることで、シャンプーの際の泡立ちがよくなり、髪同士の摩擦を防いでくれます。また、頭皮から毛先に向かってブラッシングすることで皮脂が髪全体に行き渡り、ツヤがでて綺麗になります。

頭皮への負担が少ない先端が丸くなっているブラシを使うとマッサージ効果もあり、血行促進にも繋がります。力強くガシガシとブラッシングしてしまうと、頭皮を傷つけてしまい逆効果になるのでやさしく気持ちがいい程度の力で行うようにしましょう。

シャンプーブラシを使う

シャンプーの際、しっかりと洗っているつもりでも洗い残しが多い部分があります。耳の後ろから後頭部にかけての部分のクラウンライン。後頭部は自分で洗いにくい場所でもあるので、自然と洗い残しが多くなってしまいます。

シャンプーブラシを使うと後頭部や襟足部分の洗いにくい場所まできちんと洗えるのでおすすめです。手で洗うと、頭皮をしっかり洗おうと毛先まで巻き込み必要以上に擦りつけてしまうことがあります。

シャンプーブラシは頭皮に密着させることができるのでしっかりと洗うことが出来ます。洗う際の力加減だけ気をつければ便利なアイテムです。

スペシャルケアとして美容院でヘッドスパ

美容院でのヘッドスパは、固くなった頭皮、滞った血流を良くして老廃物を排出して疲れもオフ。髪の悩みに合ったケアで、頭皮環境を整えます。

毎日美容院に通うことはできませんが月1回など、スペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?リラクゼーション効果もあるので、日々のストレスなども取り除き、内面からも美しくなりましょう。

髪を乾かすときのドライヤーの温度はぬるめ

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンは熱にあまり強くないため、高温で熱を与えることで髪の傷みの原因になります。また、頭皮の乾燥にも繋がり、抜け毛や切れ毛、ツヤのない髪になってしまうこともあります。

現在では、低温で風量が強いドライヤーなども販売されています。そういった商品を選ぶのもいいですし、いつものドライヤーでも、頭皮から少し離して乾かすことも、髪へのダメージの軽減になります。

髪にいい食べ物を食べて内側からケア

イソフラボンを多く含むものを食べる

イソフラボンは、大豆食品に多く含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似たような働きをすると言われています。

ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと、体内の男性ホルモンの影響が強くなり抜け毛や薄毛の原因になります。イソフラボンは、そういった男性ホルモンの影響を抑制する働きがあります。

血行を良くする海藻類

海藻類には、ヨードという甲状腺の機能を維持するミネラルが含まれます。甲状腺から分泌されるホルモンは髪の成長に深く関わっています。髪の新陳代謝や成長ホルモンを促す働きもあるので、抜け毛や薄毛の予防にも繋がります。

髪を健康に保つ栄養が多い卵

卵は、髪の毛を健康に保つために必要なミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄がバランスよく含まれています。とくに、硫黄を含むアミノ酸が髪の毛に必要とされていて、強くて抜けにくい髪を作る原料となります。卵は髪だけでなく、肌や健康にもいいので積極的に取り入れましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
糖質制限は卵パワーでレシピも豊富。食べてダイエットを成功させよう 

良質なたんぱく質を含む鮭

鮭には健康にもよく、髪の毛を成長させツヤのある状態を維持するオメガ3脂肪酸が含まれています。オメガ3脂肪酸とはDHAやEPAと呼ばれることが多いです。必須脂肪酸といわれますが、体内では作り出すことができないので、食品からDHAやEPAなどを含む良質なたんぱく質を摂取する必要があります。

また鮭には鉄分も多く含まれています。髪には頭皮の毛細血管を通って運ばれる栄養素が必要なので、鉄が不足すると貧血となり髪の成長に悪影響です。

髪質を向上してくれる牡蠣

髪は99%がケラチンというたんぱく質でできています。牡蠣に多く含まれる亜鉛はアミノ酸を合成し、ケラチンを生成する働きがあります。

亜鉛が不足すると、ケラチンの生成ができず抜け毛や薄毛の原因となるので意識して摂るようにしましょう。

ビタミンを多く含む緑黄色野菜

緑黄色野菜は、髪に必要なビタミンを豊富に含んでいます。カボチャやニンジンに多く含まれるビタミンEは血管を広げる役割があり、頭皮へたくさんの血液を送ることが出来るので、髪に必要な栄養素を届けてくれます。

また、頭皮の健康を保つビタミンAや、頭皮の新陳代謝を促すビタミンB2なども多く含まれているので、より髪に良い頭皮環境を作ることができます。油で炒めることで吸収率が上がり、効率よく摂取できるので積極的に摂りましょう。

頭皮ケアをすることは老化防止につながる

抜け毛や薄毛が老化のせいだからと諦めてしまわず、頭皮ケアや食生活などを見直してみると、今より自信の持てる髪になるかもしれません。年齢による悩みに負けないで、若々しい美髪を手に入れましょう。まだとくに髪に悩みがないという方も、今から老化防止で元気な髪を保ちましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル