話題の「コラーゲンマシン」を活用。これであなたも全身美肌

目次コラーゲンマシンとはコラーゲンマシンの効果コラーゲンマシンの値段効果が得られるまでの回数と頻度コラーゲンマシンが受けれるサロン副作用や使用上の注意とはコラーゲンマシンを活用するためのポイントコラーゲンマシンをうまく活用して全身美肌になろう コラーゲンマシンとは ヨーロッパ発の最新美容機器 コラーゲンマシンとはヨーロッパ発の最新美容機器です。ドイツが発祥でオランダ製のものが主流となっています。日焼けマシンや酸素カプセルと同じような形をしていて、マシンの中に全裸で入り、20~30分ほどその中で横になっているだけ。全裸で光を浴びるので、頭の先から顔、脚、つま先まで、全身くまなくケアできます。 マシンに入ると、コラーゲンランプから633nm~760nmの可視光線(ピンク色の光)と760nm~833nmの赤外線が放出されます。可視光線は紫外線などの有害な光を除いた良質な光のみ。その光は皮下5~8mmと奥深くまで浸透して、肌深層部の細胞を活性化し、コラーゲンとエラスチンの生成を促します。コラーゲンとエラスチンの生成が活発になると肌にハリが生まれ若々しい美肌へと導きます。 元々は宇宙飛行士への光学療法の研究 コラーゲンマシンは最新の美容機器ということで話題になっていますが、元々はNASAが宇宙飛行士のために研究し発表したものがヒントになっています。宇宙飛行士は太陽光を浴びることができないので、健康面が心配です。そこでNASAが体に害がない可視光線による光線療法の研究を発表。 この研究発表を参考に、ドイツのメーカーが美容目的に良いと思ってコラーゲンマシンを開発したと言われています。 医療では可視総合光線療法としても活躍 NASAも宇宙飛行士の健康のために研究したくらい、可視光線は体に害のない安心できる光。医療では可視総合光線療法として活躍しています。400nm~800nmの可視光線は、繊維芽細胞を活発化させるという働きが一つ。さらに温熱作用によって自然治癒力を高める働きと、自律神経を整える働きも期待されています。 医療では創傷治癒の促進が目的で可視総合光線療法が取り入れられていますが、美容では肌のコラーゲンに直接働きかけて肌のハリとツヤと弾力をアップさせる目的が主です。 特殊なピンクの可視光線を当てる コラーゲンマシンに入ると、コラーゲンランプから特殊なピンクの可視光線が出ます。ピンクの可視光線を全身に当てて美肌ケアをします。ピンクの可視光線は肌の真皮層まで届き、コラーゲンの生成をサポート。肌の新陳代謝アップ、細胞の若返りなどの効果を促すことができ、本来の肌のターンオーバーに戻す役割をします。 可視光線を皮下5~8mmの真皮層まで浸透させて、肌の内側から活性化させることで、より肌のハリとツヤと弾力をアップさせます。 セレブやモデルからも人気 ハリウッドセレブやモデルからも人気のコラーゲンマシン。レディーガガ(Ladygaga)やビヨンセ(Beyonce)などの海外セレブはコラーゲンマシンを購入して自宅で活用しているそうです。全身のタイプを自宅に置くことは難しいかもしれませんが、顔専用の小型の家庭用コラーゲンマシンも販売されています。 ただしコラーゲンマシンの効能を最大限に活かせるのは、やはり全身タイプ。購入できればいいのですが、やはりサロンに通うという方法が一般的。日本のモデルや有名人もサロンに通ってコラーゲンマシンを愛用しているそうです。 30分弱カプセルの中で寝るだけで簡単 コラーゲンマシンの利用方法は簡単です。30分弱カプセルの中に全裸で入って寝るだけ。ピンクの光と42度くらいの暖かくぽかぽかとした空間に入っていると、心が安らぎ癒されるという利用者の声が多いです。美容効果だけでなく、ストレス解消のリラックス効果もあると話題になっています。   コラーゲンマシンの効果 コラーゲン生成を助けてくれ美肌に コラーゲンマシンには様々な効果が期待できます。まず1つがコラーゲン生成を助けて美肌になるという効果。可視光線が真皮層まで浸透して細胞を活発化させるので、コラーゲン生成をサポートします。コラーゲンは体を構成する全てのタンパク質のうちの約30%を占めています。繊維状のタンパク質となっており、約40%は皮膚に存在し、肌の水分保持や弾力を保つためには欠かせません。 コラーゲンは年齢と共に減少して質も悪くなるので、コラーゲン生成をサポートするコラーゲンマシンは美肌効果が期待できます。 体の芯から温まり冷えやむくみが解消 赤外線による温熱効果により体の芯から温まるので、冷え性改善によいと言われています。冷え性は代謝や免疫力の低下などの不調を引き起こす原因になるので、コラーゲンマシンによって冷えを改善して肌と体を健康に保ちましょう。 温熱効果で血行やリンパが活性化されるので、むくみ解消の効果も期待できます。 肩こり改善やデトックス効果 赤外線による温熱効果によって血液とリンパの流れが良くなるので、冷えやむくみ解消に加えて肩こり改善や腰痛緩和の効果も期待できます。 さらに新陳代謝を促進するので、デトックス効果にも期待です。スムーズに代謝できなかった脂肪細胞は肥大化して老廃物を巻き込みながらセルライトになってしまうので、新陳代謝を上げることは大切です。 ピンクの光でセロトニンが分泌されてリラックス効果あり ピンクの光と温熱効果は精神的に癒しを与えてくれます。するとリラックス効果を高めるセロトニンが分泌され、リラックス効果により自律神経を整えてくれる効果も期待できます。 自律神経が乱れてしまうと皮脂が過剰に分泌されて肌荒れを起こすなど、肌へのダメージが起こりやすくなります。それだけではなく、体調不良や心の健康までも害されてしまう恐れもあるので、リラックスをするということはとても大切なことです。 細胞が活性化するので新陳代謝が上がり痩せ体質に 新陳代謝が悪くなると肌の内部にセルライトができてしまいます。コラーゲンマシンの可視光線は肌の奥にある繊維芽細胞を活性化。そして新陳代謝が上がることによってセルライトの分解を促します。 新陳代謝が上がってセルライトが排除されやすい環境に整うので、痩せ体質になるということです。 頭皮の状態も良くなるので髪の毛のハリツヤアップ 髪の毛の若さを保つためにもコラーゲンは大切な成分です。可視光線によって頭皮の状態が良くなるので、髪の毛のハリツヤがアップします。 頭皮の健康状態が良くなるので、白髪や薄毛対策にもおすすめです。コラーゲン不足は白髪や抜けがの原因になるので気をつけましょう。 ▼さらに詳しい解説はこちら コラーゲンの摂取には効果があった!美肌になる摂り方のコツ コラーゲンマシンの値段 相場は20~30分で2000円から7000円 コラーゲンマシンの値段の相場は、地域や規模や時間によって差がありますが20~30分で2,000円~7,000円。もっと細かく言うと、20分コースで2,000円~5,000円くらい、30分コースで3,500円~7,000円くらいが相場になっています。 サロンの場所や規模によって何千円と値段に差が出てしまうことは否めません。東京や大阪などの大都市では相場が高くなりがちです。そして規模ですが、大きな規模で展開しているサロンは多少安く設定されていることが多く、逆に小さな規模で展開しているサロンは設備投資にお金がかかっているなどの理由で、少し高めの値段が設定されていることが多いです。 都合に合わせて通い放題コースと回数コースを選ぼう サロンでコラーゲンマシンを利用する場合、大体は通い放題コースと回数コースのどちらかを選択します。通い放題コースは1カ月いくらなどという形で値段が設定されており、期間中は通い放題。回数コースは5回でいくら、10回でいくらなど、回数指定で値段が設定されています。(サロンによって値段設定方法はさまざまです。)クーポン券や回数券を発行してよりお得に通うことができるサロンもあります。 コストパフォーマンスが良いのは通い放題コース どちらにもそれぞれメリットがあります。通い放題はもちろん期間中であれば何回でも通うことができるというところがメリット。1度に支払う値段は高いのですが、何回でも行けるのでコストパフォーマンスは良いです。回数コースは1回ずつ支払う値段よりも多少お得ですが、通い放題と比べるとコストパフォーマンスは低くなります。 週に何度も通えないなら回数コース 回数コースで月に1回だと効果が得られない可能性があります。コラーゲンマシンは週2回くらいは利用し続けた方がいいです。利用し続けて肌の状態が良くなったとしても、良好な肌状態をキープし続けるためにはコラーゲンマシンの利用を定期的に継続することが大切。しかし仕事が忙しいなどの理由で週に何度もサロンに通えないのであれば、回数コースの方がおすすめです。 しかし通い放題で何度も通った方がお得ですし、美肌へのアプローチ力が高まります。通い放題を選ぶかどうかは、週に1~2回通えるかがカギです。 自宅でできる家庭用コラーゲンマシンも販売 サロンに行くのが億劫だと感じる方に人気があるのは、自宅でできる家庭用のコラーゲンマシン。タイプはさまざまで、フェイスマスク型、卓上型、ベッド型などがあります。 最もリーズナブルなのはフェイスマスク型で、値段は2万円台くらい。顔だけのケアになります。卓上型も顔だけのケアになり、値段は16万円台くらいです。サロンにあるような全身をケアするベッド型の家庭用も販売されていますが、値段は100万円を超えます。 … Continue reading 話題の「コラーゲンマシン」を活用。これであなたも全身美肌